夏目&有吉騒動で知れ渡った“芸能界のドン”の権力と素顔

公開日:  更新日:

 所属タレントである夏目三久(32)と有吉弘行(42)の結婚&妊娠報道で、図らずも“表舞台”にその名をとどろかせることとなったのが「田辺エージェンシー」社長の田邊昭知氏(77)。

 第一報を報じた日刊スポーツの記事(8月24日付)には“一秒たりとも触れるな”とテレビ各局に圧力をかけるだけにとどまらず、有吉との交際そのものをひねり潰したなどなど……。真偽はともかく、聞こえてくるのは虚飾の芸能界を牛耳るドンと呼ぶにふさわしい剛腕ぶりの数々だ。しかし、「一連の報道では『ドン』という呼称が独り歩きして傍若無人な印象を与えるが、違和感がある」とは、あるベテラン芸能記者だ。こう続ける。

「バーニングの周防社長と並んで芸能界の最高実力者であることに変わりはないが、ドンと呼ぶなら大番頭の川村さん(ケイダッシュ会長兼田辺エージェンシー副社長)の方がそれに近い。親分肌でタレントへの情が深い川村さんのところにはタレントや業界人がひっきりなしに相談にくる。それに比べて田邊社長はクールかつ理論派のリーダーで、感情というより頭で物事を考えるタイプ。まあ、それだけに怒ると怖い。ネガティブな記事を書こうものなら電話口から怒号が飛んできたことも一度や二度ではない(苦笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る