夏目&有吉騒動で知れ渡った“芸能界のドン”の権力と素顔

公開日:  更新日:

 所属タレントである夏目三久(32)と有吉弘行(42)の結婚&妊娠報道で、図らずも“表舞台”にその名をとどろかせることとなったのが「田辺エージェンシー」社長の田邊昭知氏(77)。

 第一報を報じた日刊スポーツの記事(8月24日付)には“一秒たりとも触れるな”とテレビ各局に圧力をかけるだけにとどまらず、有吉との交際そのものをひねり潰したなどなど……。真偽はともかく、聞こえてくるのは虚飾の芸能界を牛耳るドンと呼ぶにふさわしい剛腕ぶりの数々だ。しかし、「一連の報道では『ドン』という呼称が独り歩きして傍若無人な印象を与えるが、違和感がある」とは、あるベテラン芸能記者だ。こう続ける。

「バーニングの周防社長と並んで芸能界の最高実力者であることに変わりはないが、ドンと呼ぶなら大番頭の川村さん(ケイダッシュ会長兼田辺エージェンシー副社長)の方がそれに近い。親分肌でタレントへの情が深い川村さんのところにはタレントや業界人がひっきりなしに相談にくる。それに比べて田邊社長はクールかつ理論派のリーダーで、感情というより頭で物事を考えるタイプ。まあ、それだけに怒ると怖い。ネガティブな記事を書こうものなら電話口から怒号が飛んできたことも一度や二度ではない(苦笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る