日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上重アナ問題余波 元AKB篠田麻里子がトバッチリのなぜ?

「関ジャニ∞」大倉忠義(30)の情報流出騒動や日本テレビ上重聡アナ(35)の利益供与問題で、AKB48の元メンバー篠田麻里子(29)が思わぬトバッチリを食っている。篠田がイメージキャラなどを務めた企業や事業に次々とトラブルが起き、芸能関係者の間で“さげまん伝説”がささやかれ始めているのだ。

 8日、りそな銀行が情報漏洩を謝罪し、関ジャニ大倉や俳優の西島秀俊(44)が被害にあっていたことが話題になったが、篠田は今年2月に同銀行のイメージキャラクターに抜擢されたばかりだった。

 4月には日テレの上重アナが、自身が司会を務める「スッキリ!!」の番組スポンサーでもあるABCマート創業者から巨額の利益供与を受けていたことが発覚。篠田はそのABCマートのテレビCMに起用され、昨年は900店舗達成記念や2015年の初売りCMが放送されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事