ひと口目に衝撃 かとうれいこが語る泡盛デビューの思い出

公開日: 更新日:

 年齢を感じさせない美貌を誇る、タレントのかとうれいこさん(48)。プロゴルファーでご主人の横尾要さんは下戸なので自宅では飲まないものの、ママ友との食事会にお酒は欠かさない。

  ◇  ◇  ◇

 澄み切った青い空に輝く太陽、コバルトブルーの海の上に綿菓子のような白い雲……。お酒というと、私は南の島を思い出します。

 もともとグラビアモデルから芸能活動をスタートさせましたから、グアムやサイパンへはしょっちゅう行ってたでしょ。撮影が終わるとカメラマンさんや編集の方、ライターさんがレストランやホテルでビールをよく飲むんです。それが毎日ですから、目に焼き付いちゃいましたね。

 もちろん私の解禁は20歳になってから。マネジャーだった野田(義治=現・所属事務所会長)さんが常にそばから離れず、目を光らせていましたから、未成年時代はだれかに強要されることもなく、打ち上げの席でも厳禁。国内で、どうしても取引先やスポンサーさんとお酒の席に同席しなくてはならなくても、一通りご挨拶が終わったら「もういいよ」と先に帰らせてくれてました。そのあたり、随分と私は守られていたと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る