ブログ引退発表で好感度上昇 浅田真央“6億円争奪戦”勃発

公開日:  更新日:

 気持ちも体もついていかなかった。

 フィギュアスケート女子、10年バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央(26=中京大)が10日、自身のブログで現役引退を表明した。

 14年のソチ五輪後、1シーズンの休養を経て15年に復帰。グランプリ(GP)シリーズの中国杯は制したものの、その後はサッパリだった。ブログに「復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました」とつづったように、16年の世界選手権は、過去最低の7位。今季もGPシリーズで振るわず、気持ちが完全に切れるきっかけとなったのは昨年末の全日本選手権。12位という惨敗に終わって主要国際大会の出場権を失い、「自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました」と説明した。

 自身は年齢とともに体が成長し、代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が決まらなくなった。復帰後は左膝痛を発症。持病の腰痛も悪化し、満足な練習もできなくなって、年明けからは「やめたい」「もうムリ」と周囲に弱音を吐くようになったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

もっと見る