• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブログ引退発表で好感度上昇 浅田真央“6億円争奪戦”勃発

 気持ちも体もついていかなかった。

 フィギュアスケート女子、10年バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央(26=中京大)が10日、自身のブログで現役引退を表明した。

 14年のソチ五輪後、1シーズンの休養を経て15年に復帰。グランプリ(GP)シリーズの中国杯は制したものの、その後はサッパリだった。ブログに「復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました」とつづったように、16年の世界選手権は、過去最低の7位。今季もGPシリーズで振るわず、気持ちが完全に切れるきっかけとなったのは昨年末の全日本選手権。12位という惨敗に終わって主要国際大会の出場権を失い、「自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました」と説明した。

 自身は年齢とともに体が成長し、代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が決まらなくなった。復帰後は左膝痛を発症。持病の腰痛も悪化し、満足な練習もできなくなって、年明けからは「やめたい」「もうムリ」と周囲に弱音を吐くようになったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事