興収さっぱり「暗黒女子」で飯豊まりえは唯一の“勝ち組”

公開日:

 公開前はやたら話題になったのに、公開後はさっぱりだったのが映画「暗黒女子」。公開を約1カ月半後に控えた2月中旬、飯豊まりえ(19)とダブル主演を務めていた女優の清水富美加(22)が宗教法人「幸福の科学」への出家騒動を起こし、以後、予定されていたPRイベントに出演できない事態に陥ってしまった。

 それでも、粛々とPRイベントは消化され、ついに公開。しかし、公開初週の観客動員ランキングではベスト10に入らず、2週目以降も客入りはさっぱりだった。

「公開館が200館に満たなかったこともあったが、興行収入は2億円に届かないようだ。YouTubeで冒頭から13分を無料で公開するという前代未聞のプロモーションも逆効果になってしまい、関係者にとってはまさに“暗黒歴史”です」(映画ライター)

 そんな中、キャストの中で“勝ち組”といわれているのが飯豊だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る