清水富美加「月給5万円」はマシ? 夜の街のブラックぶり

公開日: 更新日:

 まさに上を下への騒ぎになっている女優・清水富美加(22)の“出家”騒動。清水サイドは1カ月休みなく働いても月給5万円でボーナスもなかったなどと、所属事務所の“ブラック”ぶりを一方的に主張しているが、「私らの方がもっとひどい」と話すのは、東京・錦糸町で働く20代のガールズバー嬢だ。

「コンビニでバイトしていた女子高生が風邪で休んで“罰金”を取られた話があったでしょ。ブラックバイトなんて炎上してたけど、ウチの店なんてどんな理由で遅刻しても罰金を取られるの。金額は人によるけど、私は月3回の遅刻で2万円引かれちゃった。遅刻が多すぎて、『今月、給料ゼロかも』なんて本気で悩んでるコもいます」

 もちろん遅刻はよろしくないが、遅刻や欠勤を理由にペナルティーとして罰金を科すことは、労働基準法に反している。ところが最近はガールズバーも過当競争で、女のコへの締め付けは厳しくなる一方のようだ。別の20代のガールズバー嬢もこう愚痴る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る