清水富美加「月給5万円」はマシ? 夜の街のブラックぶり

公開日:  更新日:

 まさに上を下への騒ぎになっている女優・清水富美加(22)の“出家”騒動。清水サイドは1カ月休みなく働いても月給5万円でボーナスもなかったなどと、所属事務所の“ブラック”ぶりを一方的に主張しているが、「私らの方がもっとひどい」と話すのは、東京・錦糸町で働く20代のガールズバー嬢だ。

「コンビニでバイトしていた女子高生が風邪で休んで“罰金”を取られた話があったでしょ。ブラックバイトなんて炎上してたけど、ウチの店なんてどんな理由で遅刻しても罰金を取られるの。金額は人によるけど、私は月3回の遅刻で2万円引かれちゃった。遅刻が多すぎて、『今月、給料ゼロかも』なんて本気で悩んでるコもいます」

 もちろん遅刻はよろしくないが、遅刻や欠勤を理由にペナルティーとして罰金を科すことは、労働基準法に反している。ところが最近はガールズバーも過当競争で、女のコへの締め付けは厳しくなる一方のようだ。別の20代のガールズバー嬢もこう愚痴る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る