ポスト清水富美加は誰? アイドル評論家は女優3人挙げる

公開日:  更新日:

 公開を目前に控えた映画3本に加え、CM2本、レギュラー番組2本、ドラマ1本……。今回の引退騒動によって売れっ子ぶりが明らかになった清水富美加(22)が、若手女優の中で頭ひとつ抜きん出た存在だったのは間違いない。

「実にもったいない。惜しい逸材でした」と肩を落とすのは、作家でアイドル評論家の中森明夫氏。清水の出世作であるNHK朝ドラ「まれ」の放送が始まった直後の15年5月、NHKのラジオ番組で共演した際の彼女の印象をこう続ける。

「正統派美人のビジュアルもさることながら、とにかく頭の回転が速い。番組は出演者がそれぞれ好きな本を持ち寄って、決められた時間内でその魅力をアピールする『ビブリオバトル』の公開生放送だったんですが、辛酸なめ子や山里亮太、光浦靖子といったひと癖もふた癖もあるメンバーの中でも臆することなくトークできる若手はそうはいない。彼女は伊坂幸太郎の『バイバイ、ブラックバード』を紹介しましたが、発言の端々から相当な読書家だと感心したのを覚えています。周囲への気配りも忘れなかった。今から思えば、繊細な心の持ち主だけにいろいろと抱え込んでしまったのかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る