アニメ映画で主演声優 能年玲奈から脱皮した“のん”高評価

公開日:  更新日:

「のん」という新しい芸名で、能年玲奈(23)が芸能活動をリスタートさせたのは記憶に新しい。所属事務所「レプロエンタテインメント」から“独立後”、一発目の仕事は女優ではなく声優。11月12日公開のアニメ映画「この世界の片隅に」(片渕須直監督・脚本、東京テアトル配給)の主人公すず役に抜擢されたのだ。

 本作のマスコミ向け試写は始まったばかりだが、早くも評判は上々。125分間の上映後には室内のあちこちですすり泣く声が聞こえていた。「午前32時の能年玲奈」(河出書房新社)の著者で作家の中森明夫氏もそのひとりで、「冒頭の青空に『のん』というクレジットが映し出された時はウルッときましたね。あぁ“能年玲奈”がスクリーンに戻って来たんだ! と感無量でした」と話す。

 原作は、こうの史代氏の同名漫画。広島市内で生まれた少女が、昭和19年、18歳で軍港の町・呉に嫁ぎ、次第に厳しくなる戦況の中でも力強く生きるさまを描いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る