アニメ映画で主演声優 能年玲奈から脱皮した“のん”高評価

公開日: 更新日:

のん」という新しい芸名で、能年玲奈(23)が芸能活動をリスタートさせたのは記憶に新しい。所属事務所「レプロエンタテインメント」から“独立後”、一発目の仕事は女優ではなく声優。11月12日公開のアニメ映画「この世界の片隅に」(片渕須直監督・脚本、東京テアトル配給)の主人公すず役に抜擢されたのだ。

 本作のマスコミ向け試写は始まったばかりだが、早くも評判は上々。125分間の上映後には室内のあちこちですすり泣く声が聞こえていた。「午前32時の能年玲奈」(河出書房新社)の著者で作家の中森明夫氏もそのひとりで、「冒頭の青空に『のん』というクレジットが映し出された時はウルッときましたね。あぁ“能年玲奈”がスクリーンに戻って来たんだ! と感無量でした」と話す。

 原作は、こうの史代氏の同名漫画。広島市内で生まれた少女が、昭和19年、18歳で軍港の町・呉に嫁ぎ、次第に厳しくなる戦況の中でも力強く生きるさまを描いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

もっと見る