• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アニメ映画で主演声優 能年玲奈から脱皮した“のん”高評価

「のん」という新しい芸名で、能年玲奈(23)が芸能活動をリスタートさせたのは記憶に新しい。所属事務所「レプロエンタテインメント」から“独立後”、一発目の仕事は女優ではなく声優。11月12日公開のアニメ映画「この世界の片隅に」(片渕須直監督・脚本、東京テアトル配給)の主人公すず役に抜擢されたのだ。

 本作のマスコミ向け試写は始まったばかりだが、早くも評判は上々。125分間の上映後には室内のあちこちですすり泣く声が聞こえていた。「午前32時の能年玲奈」(河出書房新社)の著者で作家の中森明夫氏もそのひとりで、「冒頭の青空に『のん』というクレジットが映し出された時はウルッときましたね。あぁ“能年玲奈”がスクリーンに戻って来たんだ! と感無量でした」と話す。

 原作は、こうの史代氏の同名漫画。広島市内で生まれた少女が、昭和19年、18歳で軍港の町・呉に嫁ぎ、次第に厳しくなる戦況の中でも力強く生きるさまを描いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る