日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

のん&清水富美加抜け…川島海荷にかかる“稼ぎ頭”の重責

 能年玲奈改めのんの独立問題、清水富美加改め千眼美子の出家騒動で揺れる芸能プロ「レプロエンタテインメント」。創立25周年プロジェクトの一環として、今春、東京・浅草に劇場・ホテル・飲食店が一体となった複合施設「浅草九倶楽部」をオープンする予定だという。

 ホテルと飲食店に先駆けて、劇場「浅草九劇」が3日にオープン。そのこけら落としの舞台でヒロインに抜擢された所属タレントが川島海荷(23)だ。

「川島といえば、所属タレントの中でも社長が特にプッシュしているタレント。もともと、NHKの朝ドラ『あまちゃん』は川島の引き立て役として能年もオーディションを受けさせたところ、能年の方が合格。以後、社長はSNSで能年と川島をやたら比べて川島を推したため、それも一因となって溝が深まり、独立騒動に発展してしまった」(芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事