「貴族探偵」視聴率急落で現実味帯びるフジ月9消滅の日

公開日:

「月9ドラマ」30周年を記念し制作した嵐・相葉雅紀主演のフジテレビ系「貴族探偵」が放送開始から僅か2回目で、平均視聴率8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と急落。「月9ドラマ」の打ち切り話が急激に再燃している。すでに局内にも諦めムードが漂い始めているという。

「初回の平均視聴率が11.8%だったことで上層部や編成関係者も皆、ひとまず安心していた。3クールぶりの2ケタ発進に皆、気をよくしていたんです。もしかしたら、このまま平均視聴率15%超えも夢ではないともみられていた。現場スタッフも『第2話は12%を超えるのでは』と盛り上がっていたんです」(フジテレビ関係者)

 だが、肝心要の第2話では、3.5ポイントも数字を下落させてしまった。

 これにはフジ局員が頭を抱える一方で、他局の編成幹部や制作会社関係者らは、異口同音に「当然」と答えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る