• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

視聴率望み薄でも 観月ありさ“フジ日9”ドラマ主演の裏側

 23日から始まった観月ありさ(40)主演のフジテレビ系連続ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」。観月が演じるのは三度の飯より骨を好むという、常人離れした趣味を持つドS気質のプロ標本士。観月にとっては26年連続のドラマ主演作となる。

 しかしである。

「代表作となりいずれもシリーズ化された『ナースのお仕事』(フジ系)、『斉藤さん』(日本テレビ系)のヒットで、以前は民放キー局からの連ドラ主演のお声がバンバンかかっていた。しかし、ここ数年の主演作は視聴率が低迷続き。昨年の主演作『隠れ菊』はNHK BSプレミアムでの放送で、もはや“記録ありき”の状況になっている」(テレビ関係者)

 今回の放送枠は小雪が主演した前作「大貧乏」の平均視聴率が4.9%と惨敗した日曜午後9時枠。ハナから高視聴率は期待薄なのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る