好調「CRISIS」も フジのヒットは関テレ制作という皮肉

公開日:

 4月スタートの春ドラマで、好調な滑り出しとなったのがフジテレビ系「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(火曜21時)だ。俳優の小栗旬(34)と西島秀俊(46)がタッグを組んだ刑事モノなのだが、18日放送の第2話が平均視聴率11.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)をマーク。初回の平均視聴率13.9%に続き、10%台をキープした。

 実はこのドラマ、厳密に言うと、フジテレビではなく、系列の関西テレビの制作。前クールでは、元SMAPの草彅剛が主演した「嘘の戦争」も作り、高視聴率を連発した。昨年、ほとんど話題になることがなかったフジのドラマだったが、唯一「面白かった」と評判だった「僕のヤバイ妻」も実は関テレ制作だ。

■“エグイ路線”でヒットの法則を確立

「関テレでは『僕のヤバイ妻』などの“エグイ路線”でヒットの法則を確立しつつあります。フジ制作のドラマは“恋愛の王道”という過去の成功体験から抜け切れていない。同じ恋愛モノでも、TBS『逃げ恥』や日テレ『タラレバ娘』などは、契約結婚やアラサーのグダグダなどを描いていて、切り口が新しい。いつまでも過去を引きずり、キャスティングに頼ったドラマ作りをしていては、視聴者に飽きられるのは当たり前です」(元NHK放送文化研究所主任研究員で次世代メディア研究所代表の鈴木祐司氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る