• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

好調「CRISIS」も フジのヒットは関テレ制作という皮肉

 4月スタートの春ドラマで、好調な滑り出しとなったのがフジテレビ系「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(火曜21時)だ。俳優の小栗旬(34)と西島秀俊(46)がタッグを組んだ刑事モノなのだが、18日放送の第2話が平均視聴率11.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)をマーク。初回の平均視聴率13.9%に続き、10%台をキープした。

 実はこのドラマ、厳密に言うと、フジテレビではなく、系列の関西テレビの制作。前クールでは、元SMAPの草彅剛が主演した「嘘の戦争」も作り、高視聴率を連発した。昨年、ほとんど話題になることがなかったフジのドラマだったが、唯一「面白かった」と評判だった「僕のヤバイ妻」も実は関テレ制作だ。

■“エグイ路線”でヒットの法則を確立

「関テレでは『僕のヤバイ妻』などの“エグイ路線”でヒットの法則を確立しつつあります。フジ制作のドラマは“恋愛の王道”という過去の成功体験から抜け切れていない。同じ恋愛モノでも、TBS『逃げ恥』や日テレ『タラレバ娘』などは、契約結婚やアラサーのグダグダなどを描いていて、切り口が新しい。いつまでも過去を引きずり、キャスティングに頼ったドラマ作りをしていては、視聴者に飽きられるのは当たり前です」(元NHK放送文化研究所主任研究員で次世代メディア研究所代表の鈴木祐司氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る