• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夫の不倫乗り越え…安田美沙子“ママタレ界”での立ち位置

 このGW、芸能界は出産ラッシュだった。3日にはタレントの安田美沙子(35)、女優の中越典子(37)が共に男児を出産。4日には、モデルの近藤千尋(27)がお笑い芸人・ジャングルポケットの太田博久(33)との間に女児を出産した。そんな中、今年3月に離婚し、2児のシングルマザーとなったタレントの小倉優子(33)がテレビ復帰。子育てに奮闘する姿を見せた。

 すでに数多くのママタレが芸能界で活躍しているが、気になるのは安田美沙子の立ち位置だろう。昨年12月、安田が妊娠5カ月の時に、ファッションデザイナーで夫の下鳥直之氏(37)の不倫が発覚。その後、2人は関係修復に努めたようで、今回の出産にも夫が立ち会ったことをアピールしていた。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「安田さんの場合は、やはり夫の不倫が気になってしまいます。今後は母としての幸せ、育児に奮闘する姿を見せていくしかないでしょう。ただ、7日放送の『アッコにおまかせ!』で出産報告をするあたりはさすがで、環境づくりは万全。SNSでは、子育ての悩みや日々の幸せをアップするほうが共感を得られるでしょう。仮に離婚するようなことになっても、“第2のゆうこりん”のように、シングルで頑張る姿を見せればいいと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る