ゲス夫が「マズい」と暴言 小倉優子の手料理ホントの実力

公開日:  更新日:

 妊娠中に所属事務所の後輩タレントと浮気したゲス夫と、慰謝料ナシの離婚に踏み切った小倉優子(33)。慰謝料7000万円を請求したとも報じられ、ドロ沼の様相を呈していたが、2人をよく知る友人のひとりは“円満離婚”に至った経緯についてこう舞台裏を明かす。

「ゆうこりんが彼との結婚を決めたのは、カリスマ美容師という肩書やイケメンといったスペックは実は二の次。決め手は金銭感覚でした。2人とも凄腕のFX投資家で、ゆうこりんは“一生かけて資産運用ができる理想の相手を見つけた”と喜んでいましたから。5年半の結婚生活では不動産も含め、手堅く運用しているはず。慰謝料で揉めて長引くことを避け、財産分与で折り合いをつけたのだと思います」

 稲垣吾郎をはじめとするSMAPのヘアメークを担当し、国内外のツアーに帯同していた夫は家を留守にしがち。札付きの女癖の悪さで、「ゆうこりんは結婚当初から彼の浮気を疑っていた。会食の際には“証拠写メ”を送らせていました」(前出の知人)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る