広瀬すず1強に風穴 朝ドラ新ヒロイン永野芽郁の“可能性”

公開日:

 応募総数2366人の頂点に立ったシンデレラガールは、全身からみずみずしさをほとばしらせていた。18年度前期のNHK朝ドラ「半分、青い。」のヒロインに抜擢された女優・永野芽郁(17)。初の朝ドラオーディション、初の朝ドラ出演で見事にその座を射止めた。

 20日の記者発表会見では「まだ全然実感がなくて」と戸惑った様子も見せたが、「普段の自分に似ている。明るさには自信があります。自分が素のままで自由に演じられるのは、楡野鈴愛(役名)だけかもしれない」と力強く意気込んだのだった。

 大阪万博の翌年、1971年に岐阜で生まれ、片耳の聴覚を失いながらも七転び八起きの精神で生き抜く女性の半生を描く。脚本家・北川悦吏子氏のオリジナル作品で、高3からアラフォーまで演じる永野。起用の決め手は主人公のキャラクターにぴったりの雰囲気を持つことに加え、「メークで顔立ちが変わる女優さんで10代も30代も演じられる。彼女を見るために毎朝、テレビの前に座ってもらえる作品にしたい」(制作統括の勝田夏子氏)と自信もうかがわせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る