広瀬すず1強に風穴 朝ドラ新ヒロイン永野芽郁の“可能性”

公開日: 更新日:

 応募総数2366人の頂点に立ったシンデレラガールは、全身からみずみずしさをほとばしらせていた。18年度前期のNHK朝ドラ「半分、青い。」のヒロインに抜擢された女優・永野芽郁(17)。初の朝ドラオーディション、初の朝ドラ出演で見事にその座を射止めた。

 20日の記者発表会見では「まだ全然実感がなくて」と戸惑った様子も見せたが、「普段の自分に似ている。明るさには自信があります。自分が素のままで自由に演じられるのは、楡野鈴愛(役名)だけかもしれない」と力強く意気込んだのだった。

 大阪万博の翌年、1971年に岐阜で生まれ、片耳の聴覚を失いながらも七転び八起きの精神で生き抜く女性の半生を描く。脚本家・北川悦吏子氏のオリジナル作品で、高3からアラフォーまで演じる永野。起用の決め手は主人公のキャラクターにぴったりの雰囲気を持つことに加え、「メークで顔立ちが変わる女優さんで10代も30代も演じられる。彼女を見るために毎朝、テレビの前に座ってもらえる作品にしたい」(制作統括の勝田夏子氏)と自信もうかがわせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る