広瀬すず1強に風穴 朝ドラ新ヒロイン永野芽郁の“可能性”

公開日: 更新日:

 応募総数2366人の頂点に立ったシンデレラガールは、全身からみずみずしさをほとばしらせていた。18年度前期のNHK朝ドラ「半分、青い。」のヒロインに抜擢された女優・永野芽郁(17)。初の朝ドラオーディション、初の朝ドラ出演で見事にその座を射止めた。

 20日の記者発表会見では「まだ全然実感がなくて」と戸惑った様子も見せたが、「普段の自分に似ている。明るさには自信があります。自分が素のままで自由に演じられるのは、楡野鈴愛(役名)だけかもしれない」と力強く意気込んだのだった。

 大阪万博の翌年、1971年に岐阜で生まれ、片耳の聴覚を失いながらも七転び八起きの精神で生き抜く女性の半生を描く。脚本家・北川悦吏子氏のオリジナル作品で、高3からアラフォーまで演じる永野。起用の決め手は主人公のキャラクターにぴったりの雰囲気を持つことに加え、「メークで顔立ちが変わる女優さんで10代も30代も演じられる。彼女を見るために毎朝、テレビの前に座ってもらえる作品にしたい」(制作統括の勝田夏子氏)と自信もうかがわせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る