「俺物語!!」ヒロイン役 永野芽郁“天然美人”でブレークの予感

公開日:  更新日:

「あのスクリーンで見せるピュアな感じ。かなうものならウチに欲しい人材です……」と唇を噛みしめるのは、某大手芸能プロダクション幹部。なんでも他社所属の若手女優に並々ならぬ将来性を感じるのだという。

 誰のことかといえば、公開中の映画「俺物語!!」(東宝)でヒロイン役に抜擢された永野芽郁(16)。竹内結子(35)を筆頭に、常盤貴子(43)、北川景子(29)、本田翼(23)といった“主役級の女優”を複数抱えるスターダストプロモーションの注目株だ。ウソかマコトか「スター出すぞ」という意気込みをそのまんま社名につけたといわれるぐらいの会社で、まあ、“原石”の逸材を見つけ出す力は業界でもトップクラスなのである。

 俺物語は、累計発行部数350万部を突破する人気少女漫画の実写版。主人公演じる鈴木亮平(32)が原作のイメージを損ねないよう体重30キロ増のストイックな役づくりで撮影に挑んだことが話題になったが、見どころはそれだけじゃなかった! ヒロイン役の永野が評判にたがわず、作品に清廉な彩りを添えているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る