転職すること11回…“3流芸能人”坂本一生のサバイバル極意

公開日:  更新日:

 芸能界の転職王だ。タレントの坂本一生(46)がこのほど自らの名前をつけた「坂本一生スポーツジム」を開設、新たなビジネスをスタートさせた。

 俳優の加勢大周(47)と所属事務所の芸名所有権トラブルのあった1993年、「新加勢大周」としてデビューしたことで知られる坂本。芸能界での仕事が減ると、建設現場で足場を組み立てる主任や大型トラックなどの免許を取得。それらの仕事に従事したほか、スポーツジムのインストラクター、レストランの店長、中古車販売、ホスト、マッサージチェア販売、探偵、便利屋と転職を繰り返し、初代「タイガーマスク」佐山聡に弟子入りしてプロレスラーを志したことも。だまされたり、失敗したりの繰り返しながら、また立ち上がり、従事した仕事を数えたら、今回で11となる。

「人生、雨の日もあれば、晴れの日もあるというけど、僕の人生はほとんど悪い時ばかり。自分でも波瀾万丈だなあと思うけど、この人生1回しかないのだから、諦めるわけにはいかない。何度目の再チャレンジか、もうわかりませんが、今度こそって思うんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る