転職すること11回…“3流芸能人”坂本一生のサバイバル極意

公開日:  更新日:

 芸能界の転職王だ。タレントの坂本一生(46)がこのほど自らの名前をつけた「坂本一生スポーツジム」を開設、新たなビジネスをスタートさせた。

 俳優の加勢大周(47)と所属事務所の芸名所有権トラブルのあった1993年、「新加勢大周」としてデビューしたことで知られる坂本。芸能界での仕事が減ると、建設現場で足場を組み立てる主任や大型トラックなどの免許を取得。それらの仕事に従事したほか、スポーツジムのインストラクター、レストランの店長、中古車販売、ホスト、マッサージチェア販売、探偵、便利屋と転職を繰り返し、初代「タイガーマスク」佐山聡に弟子入りしてプロレスラーを志したことも。だまされたり、失敗したりの繰り返しながら、また立ち上がり、従事した仕事を数えたら、今回で11となる。

「人生、雨の日もあれば、晴れの日もあるというけど、僕の人生はほとんど悪い時ばかり。自分でも波瀾万丈だなあと思うけど、この人生1回しかないのだから、諦めるわけにはいかない。何度目の再チャレンジか、もうわかりませんが、今度こそって思うんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る