転職すること11回…“3流芸能人”坂本一生のサバイバル極意

公開日:  更新日:

 借金2000万円を背負ったりしたこともあるが、それもコツコツと返し、今は家賃7万円の千葉の2DKでひとり暮らしをしている。私生活ではバツ2だ。

「いまはビジネス。女とかは、金を稼げるようになってから。ジムでは、インストラクターなどで培った経験から、利用者に合ったプログラムをつくり、僕もトレーナーも務めます。老若男女、このストレス社会で体を壊したら元も子もない。ビジネスでフランチャイズ展開するんだけど、それで人助けにもなればって思うんです」

 リストラや降格、倒産などで、新たな職探し中のサラリーマンは少なくない。だが、中高年になると大変で、身を持ち崩すことも。鍛え上げた体の坂本も40代の中年だが……。

「そりゃあ失敗すれば大変ですし、だまされたらチクショーって思いますよ。でも、体を鍛えたら、気分も上向くし、元気でいれば、やる気になる。ぼくはずっと三流芸能人とか言われてきましたけど、今は三流で上等だと思っている。三流ですから、チラシ配りでも何でも、へいちゃらなんですよ」

 転職やサバイバルの極意として、中高年男の参考になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る