• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

転職すること11回…“3流芸能人”坂本一生のサバイバル極意

 借金2000万円を背負ったりしたこともあるが、それもコツコツと返し、今は家賃7万円の千葉の2DKでひとり暮らしをしている。私生活ではバツ2だ。

「いまはビジネス。女とかは、金を稼げるようになってから。ジムでは、インストラクターなどで培った経験から、利用者に合ったプログラムをつくり、僕もトレーナーも務めます。老若男女、このストレス社会で体を壊したら元も子もない。ビジネスでフランチャイズ展開するんだけど、それで人助けにもなればって思うんです」

 リストラや降格、倒産などで、新たな職探し中のサラリーマンは少なくない。だが、中高年になると大変で、身を持ち崩すことも。鍛え上げた体の坂本も40代の中年だが……。

「そりゃあ失敗すれば大変ですし、だまされたらチクショーって思いますよ。でも、体を鍛えたら、気分も上向くし、元気でいれば、やる気になる。ぼくはずっと三流芸能人とか言われてきましたけど、今は三流で上等だと思っている。三流ですから、チラシ配りでも何でも、へいちゃらなんですよ」

 転職やサバイバルの極意として、中高年男の参考になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る