「過保護のカホコ」で証明 竹内涼真“ポスト妻夫木”の実力

公開日:

 女優の高畑充希(25)が主演する日本テレビ系ドラマ「過保護のカホコ」の第7話(23日放送)の平均視聴率が10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。初回の放送以来、7話連続で平均視聴率が2ケタを超えた。今クールのドラマで、初回から連続で2ケタをマークしているのは、山Pとガッキーが出演するフジテレビ系「コード・ブルー3」、武井咲のハマり具合が話題のテレビ朝日系「黒革の手帖」のみ(23日時点)だけに価値がある。

 過保護に育てられた女子大生を主人公にした異色作だが、幅広い層から支持を得ている。

「脚本は『家政婦のミタ』などを担当した遊川和彦氏。家族の問題という難しいテーマをうまく描いていて、クスッと笑えてホロリと泣ける。面白いエンターテインメントに仕上がっています。テンポもよく、次の展開が気になるストーリーもいい。カホコの母親役の黒木瞳と祖母役の三田佳子が、現場でピリピリしていると報じられたこともありましたが、そうした話題づくりもうまくいっていると思います」(テレビ誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る