• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「過保護のカホコ」で証明 竹内涼真“ポスト妻夫木”の実力

 女優の高畑充希(25)が主演する日本テレビ系ドラマ「過保護のカホコ」の第7話(23日放送)の平均視聴率が10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。初回の放送以来、7話連続で平均視聴率が2ケタを超えた。今クールのドラマで、初回から連続で2ケタをマークしているのは、山Pとガッキーが出演するフジテレビ系「コード・ブルー3」、武井咲のハマり具合が話題のテレビ朝日系「黒革の手帖」のみ(23日時点)だけに価値がある。

 過保護に育てられた女子大生を主人公にした異色作だが、幅広い層から支持を得ている。

「脚本は『家政婦のミタ』などを担当した遊川和彦氏。家族の問題という難しいテーマをうまく描いていて、クスッと笑えてホロリと泣ける。面白いエンターテインメントに仕上がっています。テンポもよく、次の展開が気になるストーリーもいい。カホコの母親役の黒木瞳と祖母役の三田佳子が、現場でピリピリしていると報じられたこともありましたが、そうした話題づくりもうまくいっていると思います」(テレビ誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る