「過保護のカホコ」で証明 竹内涼真“ポスト妻夫木”の実力

公開日:

 女優の高畑充希(25)が主演する日本テレビ系ドラマ「過保護のカホコ」の第7話(23日放送)の平均視聴率が10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。初回の放送以来、7話連続で平均視聴率が2ケタを超えた。今クールのドラマで、初回から連続で2ケタをマークしているのは、山Pとガッキーが出演するフジテレビ系「コード・ブルー3」、武井咲のハマり具合が話題のテレビ朝日系「黒革の手帖」のみ(23日時点)だけに価値がある。

 過保護に育てられた女子大生を主人公にした異色作だが、幅広い層から支持を得ている。

「脚本は『家政婦のミタ』などを担当した遊川和彦氏。家族の問題という難しいテーマをうまく描いていて、クスッと笑えてホロリと泣ける。面白いエンターテインメントに仕上がっています。テンポもよく、次の展開が気になるストーリーもいい。カホコの母親役の黒木瞳と祖母役の三田佳子が、現場でピリピリしていると報じられたこともありましたが、そうした話題づくりもうまくいっていると思います」(テレビ誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る