• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「過保護のカホコ」で証明 竹内涼真“ポスト妻夫木”の実力

 女優の高畑充希(25)が主演する日本テレビ系ドラマ「過保護のカホコ」の第7話(23日放送)の平均視聴率が10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。初回の放送以来、7話連続で平均視聴率が2ケタを超えた。今クールのドラマで、初回から連続で2ケタをマークしているのは、山Pとガッキーが出演するフジテレビ系「コード・ブルー3」、武井咲のハマり具合が話題のテレビ朝日系「黒革の手帖」のみ(23日時点)だけに価値がある。

 過保護に育てられた女子大生を主人公にした異色作だが、幅広い層から支持を得ている。

「脚本は『家政婦のミタ』などを担当した遊川和彦氏。家族の問題という難しいテーマをうまく描いていて、クスッと笑えてホロリと泣ける。面白いエンターテインメントに仕上がっています。テンポもよく、次の展開が気になるストーリーもいい。カホコの母親役の黒木瞳と祖母役の三田佳子が、現場でピリピリしていると報じられたこともありましたが、そうした話題づくりもうまくいっていると思います」(テレビ誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事