夏クールの問題作 高畑充希「過保護のカホコ」の裏テーマ

公開日: 更新日:

 女優・高畑充希(25)の民放ドラマ初主演作として注目された日本テレビ系「過保護のカホコ」(水曜22時)。脚本は遊川和彦氏。社会現象となった「家政婦のミタ」(11年)や「○○妻」(15年)など話題作を次々と世に送り出すご仁らしく、今回も親子間でも社会でも蔓延する「過保護」にスポットをあて世の中に一石を投じるような作品を放っている。

 登場人物それぞれの特性を表現するのに、ミーアキャットだのカエルだのライオンだの役者の顔に動物のかぶり物のCGを施したり、主人公一家が住むエリアに境界線を張ったり。演出面の仕掛けも満載だが、「?」と首をひねってしまうのが、若手演技派の筆頭格とされる高畑の演技だ。

 両親から過保護に育てられたチョー箱入り娘の大学生・根本加穂子を演じているのだが、笑うのも走るのも食事するのもとにかくクレージー。常軌を逸したオーバーリアクションばかりが目立ち、問題提起する過保護のテーマはそっちのけで、登場人物の誰にも感情移入できないのだ。第2話(19日)まで放送が終了したが「正直、深いんだか浅いんだかよく分からない」とは、コラムニストの桧山珠美氏。こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  7. 7

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  8. 8

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    「いきなり!ステーキ」米国上場廃止 NYでなぜ総スカン?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る