日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

旅館が営業停止に 船木誠勝が語る“新日対UWF”宴会の惨状

 1980~90年代の新日本プロレスに始まり、パンクラスを旗揚げするなどプロレスラーとして活躍している船木誠勝さん(48)。現在は大阪でフィットネスのパーソナルトレーナーをしながら、フリーで年間40試合弱、リングに立っている。酒の思い出は豪快だ。

 ◇  ◇  ◇

 中学を卒業してすぐに青森県弘前市から上京して、新日本プロレスに入団しました。酒は入門してすぐから飲まされていました。毎日じゃないですよ。宴会の時とか巡業の時とかです。先輩から「飲め!」と言われたら嫌とは言えません。「はい!」と言って目の前のコップの酒を一気する、それが酒だと思っていました。

 青森では飲んだことがなかったので、飲み始めた頃はすぐに酔って訳がわからなくなっていましたね。それで二日酔いになって、翌日起き上がれなくて。飲ませた先輩も自分に飲ませたことがバレたらマズいから、「具合が悪いことにして寝とけ」と言って寝かせておいてくれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事