旅館が営業停止に 船木誠勝が語る“新日対UWF”宴会の惨状

公開日:  更新日:

 1980~90年代の新日本プロレスに始まり、パンクラスを旗揚げするなどプロレスラーとして活躍している船木誠勝さん(48)。現在は大阪でフィットネスのパーソナルトレーナーをしながら、フリーで年間40試合弱、リングに立っている。酒の思い出は豪快だ。

 ◇  ◇  ◇

 中学を卒業してすぐに青森県弘前市から上京して、新日本プロレスに入団しました。酒は入門してすぐから飲まされていました。毎日じゃないですよ。宴会の時とか巡業の時とかです。先輩から「飲め!」と言われたら嫌とは言えません。「はい!」と言って目の前のコップの酒を一気する、それが酒だと思っていました。

 青森では飲んだことがなかったので、飲み始めた頃はすぐに酔って訳がわからなくなっていましたね。それで二日酔いになって、翌日起き上がれなくて。飲ませた先輩も自分に飲ませたことがバレたらマズいから、「具合が悪いことにして寝とけ」と言って寝かせておいてくれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る