てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

「俺の嫌な部分って、そこじゃないっていうか、もっとこぼれ出る嫌な感じなのに」by品川祐

公開日:

テレビ朝日「アメト--ク!」(12月7日放送)

「好感度が低い」ことがもはやキャラとなっている、品川庄司の品川祐(45)。彼が番組に出演すると、スタッフが品川に暴言を吐かせようとするという。そのことに対して語った言葉を今週は取り上げたい。つまり、品川は別に暴言や毒舌で嫌われているわけではないのだ。

 ある芸人のように「ひな壇には出ない」なども言わないし、先輩芸人にむやみにカミつくわけではない。そうした具体的な言動があるわけではないにもかかわらず、嫌われてしまうのが品川という男なのだ。

 彼の芸人人生を大きく変えたのはやはり、2007年の「おしゃクソ事変」だろう。それまで豊富な知識と巧みな話術で「アメトーーク!」のエースとして数多くの企画に出演した彼に対し、有吉弘行が「おしゃべりクソ野郎」とあだ名をつけたのだ。

 誰もがなんとなく思っていた感じを的確に評したこのあだ名により、番組のエースは品川から有吉に変わった。そこから彼は“文化人”的活動にシフトしていった。映画監督、格闘技、料理など「すべての利権を持っていく」ように、さまざまな分野に進出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る