妻に頭上がらず 東野幸治がホスト遊び黙認する“深イイ”理由

公開日:  更新日:

 女性週刊誌で妻との別居が報じられたタレントの東野幸治(48)。10月上旬に妻が新宿・歌舞伎町のホストクラブで2人のイケメンホストに挟まれ、シャンパンを空けてから東野の自宅とは別のマンションに帰る姿が掲載された。実業家の妻のホスト遊びを認めるも、「別居じゃない」と繰り返し、報道を否定した。

 東野と妻は1991年に結婚。2人の娘がいるが、01年9月にいったん離婚した。しかし、04年から籍を抜いたまま再び同居を始め、12年に元サヤに戻る形で再婚した。

 67年、宝塚市生まれ。漫才ブームのころに、さんまや紳助のファンだった。高校3年の時に、友達から「豪華賞品がもらえる」と誘われて、吉本興業の新人オーディションに参加。ダウンタウンが司会の公開録音のラジオ番組で、賞品はボールペンだった。その後ダウンタウンから声がかかり、心斎橋筋2丁目劇場を中心に出演し、「4時ですよ~だ」などのバラエティー番組や「よしもと新喜劇」で、ある程度の知名度と人気を得た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る