批判続くガキ使“黒塗り”問題 日テレの事後対応は吉か凶か

公開日: 更新日:

 大みそかの風物詩といっても過言ではない日本テレビ系のバラエティー番組「ガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないスペシャル」が放送以来、絶体絶命のピンチにさらされている。

 コトの発端は「ダウンタウン」の浜田雅功(54)が番組のテーマだった「アメリカンポリス24時」に関連し、エディ・マーフィに扮装した一件。肌を黒く塗りたくった“黒塗りメーク”に対し、放送を見た一部の視聴者から「不愉快」「人種差別だ」と問題視されているのは周知のとおりだ。

 だが、当事者である日テレ側は非難や批判の声に対し、「当初はすぐに沈静化すると高をくくっていたようです。ところが、日を追うごとに高まり続け、最近では放送局だけでなく、出演者もバッシングに遭っている。おまけにスポンサー筋へ直訴する動きまで出ています」(事情通)。

 ガキ使SPに対するバッシングは、ベッキー(33)の出演シーンにも及んだ。ゲス不倫騒動の禊としてタイキックを尻で受け止めるベッキーの姿は、イジメを助長する可能性があるとSNSなどで問題視されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  10. 9

    阪神“無期限二軍”藤浪トレード再燃…野手獲得の交換要員か

  11. 10

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

もっと見る