• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

ネットネイティブじゃない40、50代は圧倒的に知識が不足

 西野さんはブログで、「はれのひ」被害に遭った新成人に向けて〈大人になる日に大人が裏切ってしまったことを、同じ大人として、とても申し訳なく、そして恥ずかしく思っています〉とつづった。年を重ねても大人になりきれない「大人」は多い。いまの大人に足りないものは――。

  ◇  ◇  ◇

10年前も100年、1000年前も変わらずなんですが、圧倒的に足りないものは知識ですね。僕らは頑張らないといけないんじゃないですかね。まあ、10年前とかだったら、足りなくても乗り切れた部分もあったと思うんですけど、いまは半年、1年ごとに“未来”が来るという時代になった。どんどん積極的に情報を取っていかないと遅れっぷりは半端ないっすよね。

 やはり、若いやつに助けてもらうしかないです。それこそ絵本を無料公開して日本中からバッシングされたときって、終わったなと思ったんです。この国のこのガラパゴス感なんなんだろう、って。クラウドファンディングやった5年前も、すごくバッシングがあって「終わってる」と思った。じゃあ誰がバッシングしているんかなと考えた時に、10代、20代じゃないんです。30代、40代、50代なんですよ。無料公開にしても、10代の子にとっては、音楽なんてユーチューブで無料で見ているし、それでもCDを買いたければ買う。つまりそのフリーミアムっていうモデルがネイティブで、生まれた時からフリーミアムだから、スッと入って来るんです。40代、50代になってくると、無料で提供してしまうと「お金が入ってこなくなってしまうじゃないか」となってしまう。これはやばいと思ったんですね。どんだけ説明しても、分かんない。数字で結果出てやっと理解してくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る