西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

ネットネイティブじゃない40、50代は圧倒的に知識が不足

公開日:

 西野さんはブログで、「はれのひ」被害に遭った新成人に向けて〈大人になる日に大人が裏切ってしまったことを、同じ大人として、とても申し訳なく、そして恥ずかしく思っています〉とつづった。年を重ねても大人になりきれない「大人」は多い。いまの大人に足りないものは――。

  ◇  ◇  ◇

10年前も100年、1000年前も変わらずなんですが、圧倒的に足りないものは知識ですね。僕らは頑張らないといけないんじゃないですかね。まあ、10年前とかだったら、足りなくても乗り切れた部分もあったと思うんですけど、いまは半年、1年ごとに“未来”が来るという時代になった。どんどん積極的に情報を取っていかないと遅れっぷりは半端ないっすよね。

 やはり、若いやつに助けてもらうしかないです。それこそ絵本を無料公開して日本中からバッシングされたときって、終わったなと思ったんです。この国のこのガラパゴス感なんなんだろう、って。クラウドファンディングやった5年前も、すごくバッシングがあって「終わってる」と思った。じゃあ誰がバッシングしているんかなと考えた時に、10代、20代じゃないんです。30代、40代、50代なんですよ。無料公開にしても、10代の子にとっては、音楽なんてユーチューブで無料で見ているし、それでもCDを買いたければ買う。つまりそのフリーミアムっていうモデルがネイティブで、生まれた時からフリーミアムだから、スッと入って来るんです。40代、50代になってくると、無料で提供してしまうと「お金が入ってこなくなってしまうじゃないか」となってしまう。これはやばいと思ったんですね。どんだけ説明しても、分かんない。数字で結果出てやっと理解してくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る