二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

高橋一生は不評 熱愛報道で問われる芸能人の普段着センス

公開日: 更新日:

 今年もドラマ界を席巻する俳優・高橋一生(37)。演技力に人気が加わった理想的な出世の形。演劇界からも、「『基本的にどんな仕事も受ける』という仕事姿勢にふさわしく演技の幅が広い。主役にこだわらず2番手、3番手でいける。貴重なイケメン役者として活躍の場はさらに広がる」とのお墨付き。

 活躍が目立てばファンのみならずメディアの注目度も増す。芸能界は“出る杭は叩かれる(狙われる)”世界。せんだって15歳年下の女優・森川葵との熱愛現場が写真誌、女性誌と相次いで報じられた。かつて高橋は尾野真千子や田中麗奈との交際報道があったが、当時は無名時代。さほど騒がれなかった。

 人気俳優になれば、騒がれるリスクが伴う。一時は「年下の彼女に合鍵を渡すなんて」とファン離れも懸念されたが、「アイドル系ではないし、年齢的にも彼女がいて普通。人気に影響はない」と彼女の件は一件落着していた。ところが、想定外の話題が尾を引いている。高橋の普段着である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  10. 10

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

もっと見る