• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

高橋一生は不評 熱愛報道で問われる芸能人の普段着センス

 今年もドラマ界を席巻する俳優・高橋一生(37)。演技力に人気が加わった理想的な出世の形。演劇界からも、「『基本的にどんな仕事も受ける』という仕事姿勢にふさわしく演技の幅が広い。主役にこだわらず2番手、3番手でいける。貴重なイケメン役者として活躍の場はさらに広がる」とのお墨付き。

 活躍が目立てばファンのみならずメディアの注目度も増す。芸能界は“出る杭は叩かれる(狙われる)”世界。せんだって15歳年下の女優・森川葵との熱愛現場が写真誌、女性誌と相次いで報じられた。かつて高橋は尾野真千子や田中麗奈との交際報道があったが、当時は無名時代。さほど騒がれなかった。

 人気俳優になれば、騒がれるリスクが伴う。一時は「年下の彼女に合鍵を渡すなんて」とファン離れも懸念されたが、「アイドル系ではないし、年齢的にも彼女がいて普通。人気に影響はない」と彼女の件は一件落着していた。ところが、想定外の話題が尾を引いている。高橋の普段着である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る