城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

購入か賃貸か 熱愛発覚の高橋一生にみる芸能人の住宅事情

公開日: 更新日:

 俳優の高橋一生(37)といえば、今や超売れっ子で、いわゆる“ブレーク俳優”の代表のように扱われている。

 だが、子役からスタートし、悪役や複雑な心情を持つ人物など難しい役柄まで次々にこなす実力派の俳優だ。その高橋に15歳年下の女優、森川葵(22)との熱愛報道が登場した。写真誌が、高橋の自宅マンションに合鍵を持って通う森川の姿を複数回キャッチしている。彼が留守の時にも買い物袋を提げて入っていくことも多いという。デートはもっぱらマンションの中で、“おこもり愛”という見出しだった。

 女性人気の高い高橋だけに、ネットも含めて大騒ぎという格好だが、そのマンションを出入りする高橋の姿も話題になった。およそイメージにない革ジャンに大きな帽子とマスク。人目を避けているのは間違いない。

 森川との仲がバレないようにという見方もあるかもしれないが、こういう姿は明らかに「変装」だ。特にマスコミに自宅を知られたくないという方が大きいと思う。役者というものは、プライベートなどがあまり分からない、ミステリアスな部分を持っていた方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る