吉岡はソロに? ジュディマリとタブる「いきもの」の動向

公開日:

 昨年1月に突然、活動休止を発表したいきものがかり。1年3カ月が過ぎた今も活動復帰のメドは立っていないという。

 そんな中、「週刊女性」(4月3日号)がボーカルの吉岡聖恵(34)を直撃取材。これからのバンド活動について質問すると、彼女は神妙な面持ちで、「具体的には何も決まっていない」と答えたという。

「レコード会社としては1年間ほど充電してもらって、2018年には新曲とアルバムくらいは出せればとソロバンをはじいていたそうなんです。でも、実際はバンド活動に関しては全くの白紙状態だそうで、担当者は頭を抱えているそうですよ」(音楽専門誌記者)

 NHKロンドン五輪のテーマソングも担当したいきものがかりは、こんなビッグイベントにも名前が挙がっていた。

「19年に開催されるラグビーワールドカップのテーマソングも、ほぼ決まりかけていたそうなんです。でも、肝心のバンドが再開のメドが全く立たず、結局、この話は宙に浮いてしまっています」(前出の音楽専門誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る