吉岡はソロに? ジュディマリとタブる「いきもの」の動向

公開日:

 昨年1月に突然、活動休止を発表したいきものがかり。1年3カ月が過ぎた今も活動復帰のメドは立っていないという。

 そんな中、「週刊女性」(4月3日号)がボーカルの吉岡聖恵(34)を直撃取材。これからのバンド活動について質問すると、彼女は神妙な面持ちで、「具体的には何も決まっていない」と答えたという。

「レコード会社としては1年間ほど充電してもらって、2018年には新曲とアルバムくらいは出せればとソロバンをはじいていたそうなんです。でも、実際はバンド活動に関しては全くの白紙状態だそうで、担当者は頭を抱えているそうですよ」(音楽専門誌記者)

 NHKロンドン五輪のテーマソングも担当したいきものがかりは、こんなビッグイベントにも名前が挙がっていた。

「19年に開催されるラグビーワールドカップのテーマソングも、ほぼ決まりかけていたそうなんです。でも、肝心のバンドが再開のメドが全く立たず、結局、この話は宙に浮いてしまっています」(前出の音楽専門誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る