• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

吉岡はソロに? ジュディマリとタブる「いきもの」の動向

 昨年1月に突然、活動休止を発表したいきものがかり。1年3カ月が過ぎた今も活動復帰のメドは立っていないという。

 そんな中、「週刊女性」(4月3日号)がボーカルの吉岡聖恵(34)を直撃取材。これからのバンド活動について質問すると、彼女は神妙な面持ちで、「具体的には何も決まっていない」と答えたという。

「レコード会社としては1年間ほど充電してもらって、2018年には新曲とアルバムくらいは出せればとソロバンをはじいていたそうなんです。でも、実際はバンド活動に関しては全くの白紙状態だそうで、担当者は頭を抱えているそうですよ」(音楽専門誌記者)

 NHKロンドン五輪のテーマソングも担当したいきものがかりは、こんなビッグイベントにも名前が挙がっていた。

「19年に開催されるラグビーワールドカップのテーマソングも、ほぼ決まりかけていたそうなんです。でも、肝心のバンドが再開のメドが全く立たず、結局、この話は宙に浮いてしまっています」(前出の音楽専門誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る