背景に長寿化も アイドルグループにメンバー脱退続く理由

公開日:  更新日:

 アイドルグループメンバーの電撃脱退が続いている。ももクロこと、「ももいろクローバーZ」の有安杏果(22)が15日に突然の卒業を表明し、21日のライブを最後に卒業。16日にはももクロの弟分である「超特急」のコーイチ(23)も脱退。ファンに直接語ることなく活動を終えた。「でんぱ組.inc」の最上もが(年齢非公表)も昨年8月に体調不良のためグループを脱退。3人ともグループの主力メンバーだっただけに、推しメンが突然消えてしまったファンの“喪失感”は計り知れないが、実は「引退しやすい環境も整っている」と言うのは芸能リポーターの川内天子氏だ。

「グループの1人が脱退したところで、広告や興行で賠償責任は発生しないため、意外と簡単に辞められるし、責任は軽いのです。今は脱退後に芸能活動を継続しても“横やり”が入る時代でもないですし、アイドルが自己主張できる時代といえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る