背景に長寿化も アイドルグループにメンバー脱退続く理由

公開日: 更新日:

 アイドルグループメンバーの電撃脱退が続いている。ももクロこと、「ももいろクローバーZ」の有安杏果(22)が15日に突然の卒業を表明し、21日のライブを最後に卒業。16日にはももクロの弟分である「超特急」のコーイチ(23)も脱退。ファンに直接語ることなく活動を終えた。「でんぱ組.inc」の最上もが(年齢非公表)も昨年8月に体調不良のためグループを脱退。3人ともグループの主力メンバーだっただけに、推しメンが突然消えてしまったファンの“喪失感”は計り知れないが、実は「引退しやすい環境も整っている」と言うのは芸能リポーターの川内天子氏だ。

「グループの1人が脱退したところで、広告や興行で賠償責任は発生しないため、意外と簡単に辞められるし、責任は軽いのです。今は脱退後に芸能活動を継続しても“横やり”が入る時代でもないですし、アイドルが自己主張できる時代といえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    東京都のコロナ新規感染者2848人! 元東京都衛生局職員が語る「最多更新」以上の深刻度

もっと見る