桜田淳子に強力援軍か 35年ぶり新曲の裏に“大物作曲家”

公開日:

 歌手デビュー45周年となる桜田淳子(59)の動向に音楽関係者も注目している。デビュー記念日の今月25日、実に35年ぶりのオリジナルアルバム「マイ・アイドロジー」を発売し、来月には東京・銀座博品館劇場のステージに立つと発表し話題だが、これは必ずしも順風というわけではないというのだ。

 そうした事情を知る関係者が言う。

「情報を発表した公式ホームページ(写真)はビクターエンタテインメントによるもので、大手レコード会社の後ろ盾で歌手活動再開との印象もあるかもしれませんけど、実際は違います。桜田さんのニューアルバムは、本人の強い意向によってリリースされるらしいです。レコード会社に制作費を出してもらって原盤をレコード会社側に管理されて、言いなりというような昔のアイドル的な音源発売ではなく、アーティストとして自分たちが原盤制作費を出資するのです。そうすることによって出したい作品を出し、売れた利益も多くの割合を得ることができます。アーティストが自分たちで制作する場合の費用ですか? お金をかければ青天井ですが、普通にやれば何百万円もかかったりはしませんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る