桜田淳子に強力援軍か 35年ぶり新曲の裏に“大物作曲家”

公開日:

 歌手デビュー45周年となる桜田淳子(59)の動向に音楽関係者も注目している。デビュー記念日の今月25日、実に35年ぶりのオリジナルアルバム「マイ・アイドロジー」を発売し、来月には東京・銀座博品館劇場のステージに立つと発表し話題だが、これは必ずしも順風というわけではないというのだ。

 そうした事情を知る関係者が言う。

「情報を発表した公式ホームページ(写真)はビクターエンタテインメントによるもので、大手レコード会社の後ろ盾で歌手活動再開との印象もあるかもしれませんけど、実際は違います。桜田さんのニューアルバムは、本人の強い意向によってリリースされるらしいです。レコード会社に制作費を出してもらって原盤をレコード会社側に管理されて、言いなりというような昔のアイドル的な音源発売ではなく、アーティストとして自分たちが原盤制作費を出資するのです。そうすることによって出したい作品を出し、売れた利益も多くの割合を得ることができます。アーティストが自分たちで制作する場合の費用ですか? お金をかければ青天井ですが、普通にやれば何百万円もかかったりはしませんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る