桜田淳子に強力援軍か 35年ぶり新曲の裏に“大物作曲家”

公開日: 更新日:

 歌手デビュー45周年となる桜田淳子(59)の動向に音楽関係者も注目している。デビュー記念日の今月25日、実に35年ぶりのオリジナルアルバム「マイ・アイドロジー」を発売し、来月には東京・銀座博品館劇場のステージに立つと発表し話題だが、これは必ずしも順風というわけではないというのだ。

 そうした事情を知る関係者が言う。

「情報を発表した公式ホームページ(写真)はビクターエンタテインメントによるもので、大手レコード会社の後ろ盾で歌手活動再開との印象もあるかもしれませんけど、実際は違います。桜田さんのニューアルバムは、本人の強い意向によってリリースされるらしいです。レコード会社に制作費を出してもらって原盤をレコード会社側に管理されて、言いなりというような昔のアイドル的な音源発売ではなく、アーティストとして自分たちが原盤制作費を出資するのです。そうすることによって出したい作品を出し、売れた利益も多くの割合を得ることができます。アーティストが自分たちで制作する場合の費用ですか? お金をかければ青天井ですが、普通にやれば何百万円もかかったりはしませんよ」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める