ギャラは月7000円 Sマラドーナ武智がそれでも結婚したワケ

公開日: 更新日:

 M―1グランプリ決勝に3年連続出場、昨年5月には第52回「上方漫才大賞」奨励賞を受賞した実力派コンビ「スーパーマラドーナ」。ツッコミ担当の武智さん(39)の下積み時代は……。

 ◇  ◇  ◇

 毎日3食とも野菜炒めで予算は週3000円。それが生まれ故郷、愛媛県松山市から大阪に出てきて、3年ほど続いたかな。1食あたり142円ですわ。

 3食同じで飽きなかったかって? 味付けを変えて、たまに卵入れたりすると、それなりに食べれるもんですよ。まだ若かったし、贅沢は敵。とりあえず野菜もちゃんと取ってるからヘルシーですしね。

 その頃、1カ月の生活費は10万円が目安。芸人としてのギャラはゼロで、早い話、全部、バイトで稼いでました。一番大きな出費は家賃で、ユニットバス付き6畳ほどのワンルームが月6万5000円。最寄り駅は、新世界そばの恵美須町駅。チャリ(自転車)なら通天閣まで1、2分。難波の吉本興業本社へも10分かからないくらい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る