狙われる乃木坂46 ストーカー警戒強化の裏にファンの暴走

公開日: 更新日:

「最近、メンバーに対しまして、一部のファンの方による車両・徒歩等による追走や居住エリアでのストーカー行為など、メンバーのプライバシーを著しく侵害する行為が確認されております」――。

 10日、公式サイト上に「ファンの皆さまへのお願い」を掲載したのは人気アイドルグループ乃木坂46の運営委員会。

 一部の悪質なファンの行動がエスカレートし、自宅近辺などでメンバーに対して直接、手紙やプレゼントを渡すなど看過できない状況になっているというのだ。

「昔から好きなアイドルを尾行して自宅を特定し、盗聴したりゴミを盗んだりする悪質なファンはいました。SNS全盛の今はインスタなどに上げられた何げない書き込みや写り込みから住所を特定していくことが多い。住んでいるマンションを特定してそこに引っ越すファンも存在します。日常的に挨拶を交わす相手が実は熱烈なファンということもあるのです。オートロックの中でも油断できません」(アイドルライター)

 ストーカー被害は何か事件が起きてからでは遅すぎるだけに、悪質なファンの出禁処分は当然。アイドルとファンの距離感が難しい時代であることはたしかだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る