AKBも脱退卒業後は“補充” 人気グループが解散しないワケ

公開日: 更新日:

 アイドルの脱退、卒業が相次いでいる。関ジャニ∞の渋谷すばる(36)は15日にグループからの脱退を突然表明。年内でジャニーズ事務所を退所するが、残されたコンサートにも出ることはなく、会見が公での最後の姿となる。AKBグループでは、18日にNGT48の北原里英(26)が卒業、乃木坂46の生駒里奈(22)は22日に卒業コンサートを終え、このGWで卒業。各グループには新人が加入する。

 グループはメンバーが卒業、脱退するにしても解散することなく芸能活動を継続する。しかしながら昭和の時代のアイドルグループはメンバーの脱退=解散がフツーであった。

 欠員が出たら補充とは何やら一般企業みたいな話だが、アイドルグループはなぜ解散しなくなったのか。アイドル評論家の北川昌弘氏がこう言う。

「テレビの影響力が弱まったことに一因があると思います。80年代まではアイドルの活躍の場はテレビ中心で、影響力と消費力があまりに大きすぎて、2、3年で飽きられてしまいました。ところが、モーニング娘。の時代に入るとテレビの影響力は弱まり、限界を感じたハロプロは活動の場を転換。ライブ中心にしたことで飽きられなくなり、メンバーを卒業させる“卒コン(卒業コンサート)”という新たな手法を構築したのです。結局、経営的には新規のアイドルを立ち上げるより、現状維持が無難になった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  9. 9

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る