• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

AKBも脱退卒業後は“補充” 人気グループが解散しないワケ

 アイドルの脱退、卒業が相次いでいる。関ジャニ∞の渋谷すばる(36)は15日にグループからの脱退を突然表明。年内でジャニーズ事務所を退所するが、残されたコンサートにも出ることはなく、会見が公での最後の姿となる。AKBグループでは、18日にNGT48の北原里英(26)が卒業、乃木坂46の生駒里奈(22)は22日に卒業コンサートを終え、このGWで卒業。各グループには新人が加入する。

 グループはメンバーが卒業、脱退するにしても解散することなく芸能活動を継続する。しかしながら昭和の時代のアイドルグループはメンバーの脱退=解散がフツーであった。

 欠員が出たら補充とは何やら一般企業みたいな話だが、アイドルグループはなぜ解散しなくなったのか。アイドル評論家の北川昌弘氏がこう言う。

「テレビの影響力が弱まったことに一因があると思います。80年代まではアイドルの活躍の場はテレビ中心で、影響力と消費力があまりに大きすぎて、2、3年で飽きられてしまいました。ところが、モーニング娘。の時代に入るとテレビの影響力は弱まり、限界を感じたハロプロは活動の場を転換。ライブ中心にしたことで飽きられなくなり、メンバーを卒業させる“卒コン(卒業コンサート)”という新たな手法を構築したのです。結局、経営的には新規のアイドルを立ち上げるより、現状維持が無難になった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る