• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

止まらぬ“乃木坂旋風” 出版不況でも写真集バカ売れのワケ

 アイドルグループなのに、ピンでも強い。出版不況が続く中、乃木坂46の写真集が売れまくっている。

 今年に入ってすでに3人のメンバーがそれぞれ写真集を出版し、今後もゾクゾクと控えている。先月7日に発売された白石麻衣(24)の2nd写真集に至っては発売から2日足らずで3刷となり、累計発行部数18万部の大ヒットである。

 そんな追い風が吹く中、8日にはキャプテンの桜井玲香(22)の写真集が発売された。すでに重版がかかり、計5万部の船出だ。「自由ということ」(光文社)と題した自身初のソロ写真集は、マレーシア第3の都市「イポー」とランカウイ島で撮影を敢行。全148ページにはビキニ姿もあるが、乃木坂46の清楚で上品なイメージもばっちり。英国植民地時代の建造物が多く残るイポーの町並みを意識し、桜井自ら新調したというミラーレスの一眼レフを持ったフォトジェニックなカットも捉えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る