止まらぬ“乃木坂旋風” 出版不況でも写真集バカ売れのワケ

公開日:  更新日:

 アイドルグループなのに、ピンでも強い。出版不況が続く中、乃木坂46の写真集が売れまくっている。

 今年に入ってすでに3人のメンバーがそれぞれ写真集を出版し、今後もゾクゾクと控えている。先月7日に発売された白石麻衣(24)の2nd写真集に至っては発売から2日足らずで3刷となり、累計発行部数18万部の大ヒットである。

 そんな追い風が吹く中、8日にはキャプテンの桜井玲香(22)の写真集が発売された。すでに重版がかかり、計5万部の船出だ。「自由ということ」(光文社)と題した自身初のソロ写真集は、マレーシア第3の都市「イポー」とランカウイ島で撮影を敢行。全148ページにはビキニ姿もあるが、乃木坂46の清楚で上品なイメージもばっちり。英国植民地時代の建造物が多く残るイポーの町並みを意識し、桜井自ら新調したというミラーレスの一眼レフを持ったフォトジェニックなカットも捉えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る