• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元乃木坂46の“愛人”に暴力 三田佳子の次男に付ける薬なし

 三田佳子(76)の次男・高橋祐也(37)がまた警察沙汰を起こしたと21日発売の「女性自身」が報じ騒動になっている。

 三田の次男といえば19年前、18歳のときに覚醒剤で逮捕。自宅地下のパーティールームで乱交パーティーをしていたことでも話題になったドラ息子だ。事件を受けて、三田は謝罪会見を開き、女優業を自粛。しかし、次男は懲りずにその後2000年、07年と計3回覚醒剤で逮捕。10年には一般女性と結婚、子供も誕生していたが今度は暴力沙汰である。

 今年9月、元乃木坂46の大和里菜(22)が「交際男性に殴られた」と交番に駆け込み、相手が妻子持ちの“三田次男”だと発覚。大和は以前にも彼からあばらを折るほどの暴力を受けており、生命の危機を感じ、警察に飛び込んだというから穏やかではない。

 高橋は妻子とは別居状態で、大和と愛人関係にあり、三田ママも公認の“彼女”だったという。仕事は芸能活動をしていたというが、鳴かず飛ばず。母親の三田から1日15万円の小遣いに、ファミリーカードで月200万円も使うこともあり、親のカネで愛人を囲っていたというのだから付けるクスリなしだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事