キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

公開日: 更新日:

 かくして、自分の歌手活動のほか、ステージママならぬプロデューサーとして、静香が次女の売り出しに動いていることも間違いないようだ。ジャニーズ担当の芸能記者が言う。

「もともと次女コウキは長女とあわせ、美人姉妹として芸能事務所から注目されていました。『おニャン子』時代からの付き合いが今も続いている秋元康プロデューサーもその存在を知っていて、AKBグループへの加入説もあったほど。結局そうはならず、ファッション誌の表紙モデルからのスタートとなったのも静香さんの考えでしょう。木村との結婚のときから後ろ盾となってもらっているメリー(喜多川・ジャニーズ副社長)さんにまたお伺いを立て、今はコウキの所属事務所を決めているところだと思います。大手芸能プロとの提携という形にするのではとみられています」

 ライブでは、中2のときに挑戦した1984年の「ミス・セブンティーンコンテスト」当時のエピソードも披露。同コンテストで特別賞に輝き、翌85年に「セブンティーンクラブ」としてレコードデビューしたのは、ファンには有名な話。当時の思い出を振り返り、改めて同世代へアピールするとともに歌手として新機軸を打ち出そうというのだろうか。

「キムタクは静香の決めたことに口出しすることはない」(事情通)というから、自らと次女のプロデュースで業界を動き回っているのかも知れない。デビュー31年目。アラフィフになった静香からは凄みも出てきたともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  8. 8

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  9. 9

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

  10. 10

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

もっと見る