キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

公開日:

 おニャン子クラブのヒット曲「セーラー服を脱がさないで」を工藤静香(48)が約10年ぶりに歌い、1985年の発売時と同じ振り付けを披露したというので話題だ。

 ソロデビュー30周年記念と銘打ち、このほど9カ所10公演のライブツアーをスタートさせた静香。木村拓哉(45)との間に生まれた次女、光希(15)がコウキの芸名でファッションモデルを始め、その動向が注目される中、歌手として再始動である。夫キムタクはSMAPの解散以降、パワーダウンが明らかなだけに、芸能ファミリーを仕切る静香の深謀遠慮に芸能マスコミの注目が集まっている。まず、静香を知る関係者はこう言う。

「ライブはこれまでも時々、やっているんですよ。彼女(静香)には自分の事務所があり、それを維持していくためにも、何らかの形で露出していかなければならない。ライブなどで露出することによってCMにつなげられたらという狙いはあるでしょう。SMAPの解散騒動で元マネジャーの飯島三智さんがジャニーズを退社するまで、静香は『表に出るな』と散々言われてきたし、飯島さんについてジャニーズを出ていくかキムタクが迷っていたときは真っ先に引き留めて、それがSMAP分裂と解散の原因になったとSMAPファンから悪者扱いされてきた。そういう圧力や逆風が少し収まり、自由に動けるようになったことも大きいかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る