• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

 おニャン子クラブのヒット曲「セーラー服を脱がさないで」を工藤静香(48)が約10年ぶりに歌い、1985年の発売時と同じ振り付けを披露したというので話題だ。

 ソロデビュー30周年記念と銘打ち、このほど9カ所10公演のライブツアーをスタートさせた静香。木村拓哉(45)との間に生まれた次女、光希(15)がコウキの芸名でファッションモデルを始め、その動向が注目される中、歌手として再始動である。夫キムタクはSMAPの解散以降、パワーダウンが明らかなだけに、芸能ファミリーを仕切る静香の深謀遠慮に芸能マスコミの注目が集まっている。まず、静香を知る関係者はこう言う。

「ライブはこれまでも時々、やっているんですよ。彼女(静香)には自分の事務所があり、それを維持していくためにも、何らかの形で露出していかなければならない。ライブなどで露出することによってCMにつなげられたらという狙いはあるでしょう。SMAPの解散騒動で元マネジャーの飯島三智さんがジャニーズを退社するまで、静香は『表に出るな』と散々言われてきたし、飯島さんについてジャニーズを出ていくかキムタクが迷っていたときは真っ先に引き留めて、それがSMAP分裂と解散の原因になったとSMAPファンから悪者扱いされてきた。そういう圧力や逆風が少し収まり、自由に動けるようになったことも大きいかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る