「焼肉ドラゴン」鄭義信監督は崔洋一作品の脚本が転機に

公開日:

 映画「月はどっちに出ている」「血と骨」「愛を乞うひと」で数々の脚本賞を受賞した鄭義信さん(61)。2008年に上演され、演劇賞を総なめにした舞台「焼肉ドラゴン」が映画化され上映中だが、鄭さんが初めてメガホンを取った作品でもある。きっかけは崔洋一監督との出会いだった。

 ◇  ◇  ◇

 僕は流されるままに生きてきたという感じですから、野望とか夢というものがない。だから、いつも目の前のことを必死にこなすのに精いっぱいなんです。そんな僕にとっての転機はやはり93年に公開された崔洋一監督の「月はどっちに出ている」で脚本を書かせていただいたことですね。

 崔監督と組むきっかけになったのは90年に脚本を書いた舞台「映像都市(チネチッタ)」を見に来てくれて、「面白い」って言ってくれたことですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る