「焼肉ドラゴン」鄭義信監督は崔洋一作品の脚本が転機に

公開日: 更新日:

 映画「月はどっちに出ている」「血と骨」「愛を乞うひと」で数々の脚本賞を受賞した鄭義信さん(61)。2008年に上演され、演劇賞を総なめにした舞台「焼肉ドラゴン」が映画化され上映中だが、鄭さんが初めてメガホンを取った作品でもある。きっかけは崔洋一監督との出会いだった。

 ◇  ◇  ◇

 僕は流されるままに生きてきたという感じですから、野望とか夢というものがない。だから、いつも目の前のことを必死にこなすのに精いっぱいなんです。そんな僕にとっての転機はやはり93年に公開された崔洋一監督の「月はどっちに出ている」で脚本を書かせていただいたことですね。

 崔監督と組むきっかけになったのは90年に脚本を書いた舞台「映像都市(チネチッタ)」を見に来てくれて、「面白い」って言ってくれたことですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  4. 4

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  5. 5

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  6. 6

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  7. 7

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  8. 8

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  9. 9

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  10. 10

    サザンも山下達郎も参戦 大盛況オンラインライブの銭勘定

もっと見る