二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

小室と華原…かつての恋人同士は“同時醜聞”にどう応える

公開日: 更新日:

 かつての恋人同士が期せずして同時期にスキャンダルを報じられた。

 天才音楽家・小室哲哉(59)は妻・KEIKO(45)の介護を巡り親族からの「怒りの告発」を週刊文春が報道。元気そうなKEIKOの近影と「夫は妻の介護をしていない」という現状を明かした衝撃的な内容だった。

 今年1月、同誌で発覚した小室の不倫疑惑。当時は即座に会見を開き、「一番信頼できる人。精神的な支え」と看護師との不倫を否定。ここまでは想定内だったが、音楽活動に終止符を打つ、と宣言。世間を仰天させた。不倫報道は一転、「小室を引退させた文春は許せない」と不倫報道のあり方まで論じられた。一方で不倫報道と引退というかけ離れた結びつきに違和感を持つ人もいたが、引退の話が大き過ぎ不倫は消えてしまった感もあった。それから半年。「文春」が沈黙を破った。親族は半年前の小室の会見まで振り返り「嘘ばかり」と怒りをあらわにしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る