女優・劇作家 渡辺えりが危うい現代社会への警鐘を鳴らす

公開日:

 テレビ、映画、CMなどマルチに活躍する女優の渡辺えり(63)。主宰するおふぃす3○○が、6月7~17日、下北沢・本多劇場で新作「肉の海」を上演する。これは、前身である「劇団3○○」の創立40周年を記念するもの。80年代から小劇場演劇を牽引してきた彼女の演劇の集大成ともいうべき作品で、「格差社会」や「ナショナリズムの台頭」への警鐘を込めた舞台になるという。

 ◇  ◇  ◇

 今回の作品は作家の上田岳弘さんの原作「塔と重力」をモチーフにしています。原作があるのは尾崎翠の「第七官界彷徨」を基にした「オールドリフレイン」以来です。

 上田岳弘さんが三島賞を受賞した「私の恋人」と3年前の還暦特別公演で20年ぶりに上演した「ガーデン」のシーンが似ていたので、あるインタビュー記事でそのことに言及したら、上田さんがそれを読んでくださって。私の芝居を見に来てくれたり、交流が始まりました。彼は38歳、私より二回り下ですが、読んできた本や感性が似通っているんです。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る