女優・劇作家 渡辺えりが危うい現代社会への警鐘を鳴らす

公開日:

 テレビ、映画、CMなどマルチに活躍する女優の渡辺えり(63)。主宰するおふぃす3○○が、6月7~17日、下北沢・本多劇場で新作「肉の海」を上演する。これは、前身である「劇団3○○」の創立40周年を記念するもの。80年代から小劇場演劇を牽引してきた彼女の演劇の集大成ともいうべき作品で、「格差社会」や「ナショナリズムの台頭」への警鐘を込めた舞台になるという。

 ◇  ◇  ◇

 今回の作品は作家の上田岳弘さんの原作「塔と重力」をモチーフにしています。原作があるのは尾崎翠の「第七官界彷徨」を基にした「オールドリフレイン」以来です。

 上田岳弘さんが三島賞を受賞した「私の恋人」と3年前の還暦特別公演で20年ぶりに上演した「ガーデン」のシーンが似ていたので、あるインタビュー記事でそのことに言及したら、上田さんがそれを読んでくださって。私の芝居を見に来てくれたり、交流が始まりました。彼は38歳、私より二回り下ですが、読んできた本や感性が似通っているんです。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る