井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

恣意的な炎上商法を政治の場でやられたら権力者の思うツボ

公開日: 更新日:

 埼玉県をけなして炎上した千葉県出身の小島瑠璃子(写真)。その炎上をひもといていくと、キャラが重視されるバラエティー班ならではの炎上商法なのではないか、との疑問も湧いてくる。

 最近の炎上商法は、以前と違って単純なものではなくなっている。その要諦を一言で言えば、肉を切らせて骨を断つことだ。リスクを背負って仕掛けていき、最小限の傷にとどめながら、より大きな果実を得る。

 たとえば、現状からのステップアップ、新たなキャラづくりによって仕事の守備範囲を広げるなど、以前には持っていなかったサムシングニューを得るための「投資」というわけだ。

 たしかに、バクチ的な手法であり、リスクは小さくない。

 とはいえ、リスクとリターンとを見極めることさえできれば、低コスト、短期間で大きな注目やリターンを得ることが可能だ。もう一度、よく考えてみよう。多民族、多言語が前提のグローバル企業が、事前にキャンペーンのなかの人種ヘイト的な表現に気づかないままスルーするようなことが本当にあるのだろうか。すでに好感度の高いタレントが、あえて県民ヘイトを声高に言わなければならない必要が本当にあるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る