• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

恣意的な炎上商法を政治の場でやられたら権力者の思うツボ

 埼玉県をけなして炎上した千葉県出身の小島瑠璃子(写真)。その炎上をひもといていくと、キャラが重視されるバラエティー班ならではの炎上商法なのではないか、との疑問も湧いてくる。

 最近の炎上商法は、以前と違って単純なものではなくなっている。その要諦を一言で言えば、肉を切らせて骨を断つことだ。リスクを背負って仕掛けていき、最小限の傷にとどめながら、より大きな果実を得る。

 たとえば、現状からのステップアップ、新たなキャラづくりによって仕事の守備範囲を広げるなど、以前には持っていなかったサムシングニューを得るための「投資」というわけだ。

 たしかに、バクチ的な手法であり、リスクは小さくない。

 とはいえ、リスクとリターンとを見極めることさえできれば、低コスト、短期間で大きな注目やリターンを得ることが可能だ。もう一度、よく考えてみよう。多民族、多言語が前提のグローバル企業が、事前にキャンペーンのなかの人種ヘイト的な表現に気づかないままスルーするようなことが本当にあるのだろうか。すでに好感度の高いタレントが、あえて県民ヘイトを声高に言わなければならない必要が本当にあるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る