井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

埼玉ディスりも計算ずく?小島瑠璃子の炎上は新手の商法か

公開日:

 千葉県出身の小島瑠璃子が、バラエティー番組で埼玉県をバカにしたと炎上してしまった。優等生キャラで安定感がある小島だが、反感を持つ人も少なくない。たとえば、俳優の中尾彬は別の番組で、「何やっても『わたし、うまいでしょ』って」ドヤ顔をするのが気に食わないと話していた。

 優等生キャラは、いったん反目に出ると大きな炎上となる。同じような優等生キャラだったベッキーも、ゲス不倫で一気につまずいた。不倫関係をスッパ抜いた週刊誌を揶揄するSNSのやりとりがあげつらわれ、会見に出れば履いていた靴が慶事向けのもので、すなわち反省していないと叩かれた。

 普段は叩こうにも隙がない優等生キャラ。それゆえ炎上となると、手ぐすね引いて待っていたアンチが水を得た魚のように暴れ出す。好感度の急降下と反比例するように炎上が盛り上がり、拡散して新たなアンチや便乗する愉快犯を呼び込んでいく。そして炎上させることそのものが目的の祭り状態となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る