• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

埼玉ディスりも計算ずく?小島瑠璃子の炎上は新手の商法か

 千葉県出身の小島瑠璃子が、バラエティー番組で埼玉県をバカにしたと炎上してしまった。優等生キャラで安定感がある小島だが、反感を持つ人も少なくない。たとえば、俳優の中尾彬は別の番組で、「何やっても『わたし、うまいでしょ』って」ドヤ顔をするのが気に食わないと話していた。

 優等生キャラは、いったん反目に出ると大きな炎上となる。同じような優等生キャラだったベッキーも、ゲス不倫で一気につまずいた。不倫関係をスッパ抜いた週刊誌を揶揄するSNSのやりとりがあげつらわれ、会見に出れば履いていた靴が慶事向けのもので、すなわち反省していないと叩かれた。

 普段は叩こうにも隙がない優等生キャラ。それゆえ炎上となると、手ぐすね引いて待っていたアンチが水を得た魚のように暴れ出す。好感度の急降下と反比例するように炎上が盛り上がり、拡散して新たなアンチや便乗する愉快犯を呼び込んでいく。そして炎上させることそのものが目的の祭り状態となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る