井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

埼玉ディスりも計算ずく?小島瑠璃子の炎上は新手の商法か

公開日: 更新日:

 千葉県出身の小島瑠璃子が、バラエティー番組で埼玉県をバカにしたと炎上してしまった。優等生キャラで安定感がある小島だが、反感を持つ人も少なくない。たとえば、俳優の中尾彬は別の番組で、「何やっても『わたし、うまいでしょ』って」ドヤ顔をするのが気に食わないと話していた。

 優等生キャラは、いったん反目に出ると大きな炎上となる。同じような優等生キャラだったベッキーも、ゲス不倫で一気につまずいた。不倫関係をスッパ抜いた週刊誌を揶揄するSNSのやりとりがあげつらわれ、会見に出れば履いていた靴が慶事向けのもので、すなわち反省していないと叩かれた。

 普段は叩こうにも隙がない優等生キャラ。それゆえ炎上となると、手ぐすね引いて待っていたアンチが水を得た魚のように暴れ出す。好感度の急降下と反比例するように炎上が盛り上がり、拡散して新たなアンチや便乗する愉快犯を呼び込んでいく。そして炎上させることそのものが目的の祭り状態となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る