井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

埼玉ディスりも計算ずく?小島瑠璃子の炎上は新手の商法か

公開日:

 千葉県出身の小島瑠璃子が、バラエティー番組で埼玉県をバカにしたと炎上してしまった。優等生キャラで安定感がある小島だが、反感を持つ人も少なくない。たとえば、俳優の中尾彬は別の番組で、「何やっても『わたし、うまいでしょ』って」ドヤ顔をするのが気に食わないと話していた。

 優等生キャラは、いったん反目に出ると大きな炎上となる。同じような優等生キャラだったベッキーも、ゲス不倫で一気につまずいた。不倫関係をスッパ抜いた週刊誌を揶揄するSNSのやりとりがあげつらわれ、会見に出れば履いていた靴が慶事向けのもので、すなわち反省していないと叩かれた。

 普段は叩こうにも隙がない優等生キャラ。それゆえ炎上となると、手ぐすね引いて待っていたアンチが水を得た魚のように暴れ出す。好感度の急降下と反比例するように炎上が盛り上がり、拡散して新たなアンチや便乗する愉快犯を呼び込んでいく。そして炎上させることそのものが目的の祭り状態となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る