井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

石田ゆり子の炎上に見る“短文コミュニケーション”の弊害

公開日: 更新日:

 SNSのコメント欄が荒れに荒れた石田ゆり子。賛否の意見が建設的な方向へ向かわず、愉快犯まで現れるに至って、とうとう当該記事を削除してしまった。

 最後に「きをつけますね。たくさんのご意見ありがとうございました」と気遣いを見せたのは、人気商売という事情もあるのだろう。

 ただ、後日、飼っている猫がショップ店員のように接してくる動画をアップし、(猫が)「接客の見本を見せるそうです」と書き加えて投稿したあたり、くだんの接客方法にも寄せられた批判コメントにも決して納得していない様子がうかがえる。

 ところが、この煽るような投稿は炎上していない。先に5000を超えるコメントを付けたネットユーザーの大半は、実は言葉尻を捉えて騒ぎたかっただけなのかと、祭りの会場を探して暴れたかっただけなのかと、疑わせるに足る事実である。あるいは、嫌みの意味がわからないだけか。いずれにせよ、国語力、なかんずく読解力低下を心配させる出来事である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る