勸玄効果で満員 クールな海老蔵で見せる太閤記&源氏物語

公開日: 更新日:

 7月の歌舞伎座は昼夜とも海老蔵が主演の新作。昼は太閤記、夜は源氏物語という、おなじみの物語で、どちらにも息子・堀越勸玄も出るので大入り満員である。

 昼の部は「三國無雙瓢箪久」。「太閤記」もので、本能寺の変から、信長の四十九日の法要までの約50日間の出来事を古典的な歌舞伎の様式で描く新作。基本的には史実にのっとった物語だが、「歌舞伎は荒唐無稽で何が悪い」といわんばかりの、とんでもない人間関係が創作されてもいる。

 信長のイメージが強い海老蔵は、「人のいい秀吉」を、距離を置いて、感情を込めずに演じている感じ。

 堀越勸玄は長時間じっとしていなければならず、物語を一変させる決めゼリフもあり、昨年よりも難役。

 悪役の光秀は中村獅童。いきなり本能寺から始まり、謀反にいたる心理の過程は描かれず、何を考えているのか分からない。こういう場合は「スター・ウォーズ」のダース・ベイダーのように「悪いから、悪い」人物として割り切って演じたほうがいいと思うのだが、そこまでに達していない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  3. 3

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  4. 4

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

  7. 7

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  8. 8

    「静かに死にたい」田村正和が赤裸々に語った“好々爺”生活

  9. 9

    闇営業問題でTV各局大慌て…“我が道”路線テレ東の対応は?

  10. 10

    大谷翔平メジャー2年目でも“英語しゃべらず”伝説は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る