勸玄効果で満員 クールな海老蔵で見せる太閤記&源氏物語

公開日: 更新日:

 7月の歌舞伎座は昼夜とも海老蔵が主演の新作。昼は太閤記、夜は源氏物語という、おなじみの物語で、どちらにも息子・堀越勸玄も出るので大入り満員である。

 昼の部は「三國無雙瓢箪久」。「太閤記」もので、本能寺の変から、信長の四十九日の法要までの約50日間の出来事を古典的な歌舞伎の様式で描く新作。基本的には史実にのっとった物語だが、「歌舞伎は荒唐無稽で何が悪い」といわんばかりの、とんでもない人間関係が創作されてもいる。

 信長のイメージが強い海老蔵は、「人のいい秀吉」を、距離を置いて、感情を込めずに演じている感じ。

 堀越勸玄は長時間じっとしていなければならず、物語を一変させる決めゼリフもあり、昨年よりも難役。

 悪役の光秀は中村獅童。いきなり本能寺から始まり、謀反にいたる心理の過程は描かれず、何を考えているのか分からない。こういう場合は「スター・ウォーズ」のダース・ベイダーのように「悪いから、悪い」人物として割り切って演じたほうがいいと思うのだが、そこまでに達していない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る