• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勸玄くんフィーバー支える 歌舞伎役者・香川照之の安定感

 市川海老蔵(39)の長男・堀越勸玄くん(4)が、史上最年少の宙乗りを成功させ大フィーバーとなっている東京・歌舞伎座「七月大歌舞伎」。連日、夜公演は勸玄くん見たさにチケットが入手困難となっているが、そんな中、昼の部も夜の部も海老蔵を相手に淡々と自身の役割をこなしているのが歌舞伎役者・市川中車として舞台にあがる俳優の香川照之(51)だ。

「さすがの安定感です。歌舞伎俳優に転身した当初は、息子である市川團子(13)を歌舞伎界に送り込むサポートを果たすための“腰掛け”と思われていた。ところが、稽古を重ねてみるみるうちにうまくなっている。初めは色眼鏡で見ていた役者たちも認めざるを得ない実力を発揮しています」(歌舞伎関係者)

 6月に最終回を迎えたTBS系ドラマ「小さな巨人」では腹にイチモツありの警視庁捜査一課長役を熱演。主人公を演じた長谷川博己(40)との共演シーンでの壮絶な“顔芸”が話題になったばかりだ。

「ドラマでも歌舞伎の方に寄せた芝居を心掛けていたようです。テレビ的にはかなり斬新な演技でハマった」(テレビ関係者)

 昨年12月に21年連れ添った妻と離婚。仕事ひと筋となった中車。主役も脇役もできる名優はそういるもんじゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る