勸玄くんフィーバー支える 歌舞伎役者・香川照之の安定感

公開日:

 市川海老蔵(39)の長男・堀越勸玄くん(4)が、史上最年少の宙乗りを成功させ大フィーバーとなっている東京・歌舞伎座「七月大歌舞伎」。連日、夜公演は勸玄くん見たさにチケットが入手困難となっているが、そんな中、昼の部も夜の部も海老蔵を相手に淡々と自身の役割をこなしているのが歌舞伎役者・市川中車として舞台にあがる俳優の香川照之(51)だ。

「さすがの安定感です。歌舞伎俳優に転身した当初は、息子である市川團子(13)を歌舞伎界に送り込むサポートを果たすための“腰掛け”と思われていた。ところが、稽古を重ねてみるみるうちにうまくなっている。初めは色眼鏡で見ていた役者たちも認めざるを得ない実力を発揮しています」(歌舞伎関係者)

 6月に最終回を迎えたTBS系ドラマ「小さな巨人」では腹にイチモツありの警視庁捜査一課長役を熱演。主人公を演じた長谷川博己(40)との共演シーンでの壮絶な“顔芸”が話題になったばかりだ。

「ドラマでも歌舞伎の方に寄せた芝居を心掛けていたようです。テレビ的にはかなり斬新な演技でハマった」(テレビ関係者)

 昨年12月に21年連れ添った妻と離婚。仕事ひと筋となった中車。主役も脇役もできる名優はそういるもんじゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る