• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勸玄くんフィーバー支える 歌舞伎役者・香川照之の安定感

 市川海老蔵(39)の長男・堀越勸玄くん(4)が、史上最年少の宙乗りを成功させ大フィーバーとなっている東京・歌舞伎座「七月大歌舞伎」。連日、夜公演は勸玄くん見たさにチケットが入手困難となっているが、そんな中、昼の部も夜の部も海老蔵を相手に淡々と自身の役割をこなしているのが歌舞伎役者・市川中車として舞台にあがる俳優の香川照之(51)だ。

「さすがの安定感です。歌舞伎俳優に転身した当初は、息子である市川團子(13)を歌舞伎界に送り込むサポートを果たすための“腰掛け”と思われていた。ところが、稽古を重ねてみるみるうちにうまくなっている。初めは色眼鏡で見ていた役者たちも認めざるを得ない実力を発揮しています」(歌舞伎関係者)

 6月に最終回を迎えたTBS系ドラマ「小さな巨人」では腹にイチモツありの警視庁捜査一課長役を熱演。主人公を演じた長谷川博己(40)との共演シーンでの壮絶な“顔芸”が話題になったばかりだ。

「ドラマでも歌舞伎の方に寄せた芝居を心掛けていたようです。テレビ的にはかなり斬新な演技でハマった」(テレビ関係者)

 昨年12月に21年連れ添った妻と離婚。仕事ひと筋となった中車。主役も脇役もできる名優はそういるもんじゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  8. 8

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る