生駒の前例も…白石麻衣ドタキャンで広がる“卒業”の現実味

公開日: 更新日:

 乃木坂46の白石麻衣(25)がスケジュールの都合のため、開催中の「真夏の全国ツアー2018」の一部公演の欠席を発表した問題が波紋を広げている。

 当初、欠席が発表されたのは7月22日の福岡ヤフオク!ドーム、8月26、27日のナゴヤドームの3公演。それが24日になって一転、ナゴヤドームでの2公演については再度スケジュール調整の結果、出演することが公式サイトで発表された。

 しかし、福岡公演は4日前の“ドタキャン”ということもあり、ネット上では「事務所が悪いけど白石さんの評価も下がる」「体調不良でもない限りドタキャンなどプロ失格」と批判の声が相次いだ。

 白石はセカンド写真集「パスポート」(講談社)が累計発行30万部を突破するなど、グループで一、二を争うほどの人気メンバー。ファンが怒るのも無理はない。しかもファンの間では、今回の白石のドタキャン騒動は“引退”にまで広がる可能性がささやかれている。似たような前例がつい最近もあったためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  3. 3

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  4. 4

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  9. 9

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  10. 10

    闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る