生駒の前例も…白石麻衣ドタキャンで広がる“卒業”の現実味

公開日: 更新日:

 乃木坂46の白石麻衣(25)がスケジュールの都合のため、開催中の「真夏の全国ツアー2018」の一部公演の欠席を発表した問題が波紋を広げている。

 当初、欠席が発表されたのは7月22日の福岡ヤフオク!ドーム、8月26、27日のナゴヤドームの3公演。それが24日になって一転、ナゴヤドームでの2公演については再度スケジュール調整の結果、出演することが公式サイトで発表された。

 しかし、福岡公演は4日前の“ドタキャン”ということもあり、ネット上では「事務所が悪いけど白石さんの評価も下がる」「体調不良でもない限りドタキャンなどプロ失格」と批判の声が相次いだ。

 白石はセカンド写真集「パスポート」(講談社)が累計発行30万部を突破するなど、グループで一、二を争うほどの人気メンバー。ファンが怒るのも無理はない。しかもファンの間では、今回の白石のドタキャン騒動は“引退”にまで広がる可能性がささやかれている。似たような前例がつい最近もあったためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る