剛力インスタ騒動に便乗 オリラジ中田に「あざとい」の声

公開日:  更新日:

 剛力彩芽(25)と恋人の“ZOZO″前澤友作社長(42)のインスタ騒動はますます過熱し、剛力が過去のインスタをすべて削除する騒ぎに。そしてこれに便乗するタレントも出てきた。その代表格がオリエンタルラジオの中田敦彦(35)である。

 中田はYouTubeで「#剛力はしゃいでもいい派」なるハッシュタグをつけて、「やっかみですよ。金持ってカッコイイ人とキレイな人が楽しそうにしてたら自分がみじめになる」と持論を展開し、再生回数は2000回超(25日7時時点)。吹き荒れた“剛力バッシング″を批判しながら2人への理解を示している。

 とはいえ、中田は前澤氏と仲がいいわけでも、剛力とメールをするほどの仲でもないようで、ネット上では「話題に便乗してアクセス稼ごうとするところがあざとい」「知らない人の恋路に口挟むのは自分も同じだろ」「ZOZOと同じ目線? あっちゃん大金持ちだった?」など批判の声が上がっている。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「今回の投稿は“参加した”だけ。分析するでもなく、悪者になるでもなく、博学さも出ていない。単に騒動に便乗して意味のない動画をあげることは逆に仕事を減らすことにもなりかねません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る