剛力インスタ騒動に便乗 オリラジ中田に「あざとい」の声

公開日: 更新日:

 剛力彩芽(25)と恋人の“ZOZO″前澤友作社長(42)のインスタ騒動はますます過熱し、剛力が過去のインスタをすべて削除する騒ぎに。そしてこれに便乗するタレントも出てきた。その代表格がオリエンタルラジオの中田敦彦(35)である。

 中田はYouTubeで「#剛力はしゃいでもいい派」なるハッシュタグをつけて、「やっかみですよ。金持ってカッコイイ人とキレイな人が楽しそうにしてたら自分がみじめになる」と持論を展開し、再生回数は2000回超(25日7時時点)。吹き荒れた“剛力バッシング″を批判しながら2人への理解を示している。

 とはいえ、中田は前澤氏と仲がいいわけでも、剛力とメールをするほどの仲でもないようで、ネット上では「話題に便乗してアクセス稼ごうとするところがあざとい」「知らない人の恋路に口挟むのは自分も同じだろ」「ZOZOと同じ目線? あっちゃん大金持ちだった?」など批判の声が上がっている。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「今回の投稿は“参加した”だけ。分析するでもなく、悪者になるでもなく、博学さも出ていない。単に騒動に便乗して意味のない動画をあげることは逆に仕事を減らすことにもなりかねません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  2. 2

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

  5. 5

    学級崩壊寸前の学校も “ブランド公立小学校”の理想と現実

  6. 6

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  7. 7

    52歳娘の仕送りで困窮…ひきこもり長引かせた86歳父の地獄

  8. 8

    中学受験とお金<下>成功の秘訣は外遊びと毎日のドリル習慣

  9. 9

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る