剛力インスタ騒動に便乗 オリラジ中田に「あざとい」の声

公開日:  更新日:

 剛力彩芽(25)と恋人の“ZOZO″前澤友作社長(42)のインスタ騒動はますます過熱し、剛力が過去のインスタをすべて削除する騒ぎに。そしてこれに便乗するタレントも出てきた。その代表格がオリエンタルラジオの中田敦彦(35)である。

 中田はYouTubeで「#剛力はしゃいでもいい派」なるハッシュタグをつけて、「やっかみですよ。金持ってカッコイイ人とキレイな人が楽しそうにしてたら自分がみじめになる」と持論を展開し、再生回数は2000回超(25日7時時点)。吹き荒れた“剛力バッシング″を批判しながら2人への理解を示している。

 とはいえ、中田は前澤氏と仲がいいわけでも、剛力とメールをするほどの仲でもないようで、ネット上では「話題に便乗してアクセス稼ごうとするところがあざとい」「知らない人の恋路に口挟むのは自分も同じだろ」「ZOZOと同じ目線? あっちゃん大金持ちだった?」など批判の声が上がっている。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「今回の投稿は“参加した”だけ。分析するでもなく、悪者になるでもなく、博学さも出ていない。単に騒動に便乗して意味のない動画をあげることは逆に仕事を減らすことにもなりかねません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る