ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在はお笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著は「逆襲する山里亮太」(双葉社)など。

慶大教授の言葉でお笑い決心 オリラジ中田“不屈”の原点

公開日:  更新日:

 オリエンタルラジオ率いるRADIO FISHの新曲「PERFECT HUMAN」が売れている。オリラジの2人がダンサー陣を引き連れてスタイリッシュに歌って踊るパフォーマンスが評判なのだ。

 そんなオリラジは、人気の浮き沈みが激しい中で、倒れても倒れても這い上がってくる不屈の精神の持ち主。中田敦彦(33)の自伝的小説「芸人前夜」(ワニブックス)を読むと、デビュー以前の彼のことがよく分かる。

 猛勉強で慶大に入った中田を待ち受けていたのは、退屈なキャンパスライフだった。ある講義で、経済学の教授がこんな言葉を発した。

「この国の経済は、もうおしまいなんですよ」

 年功序列、終身雇用といった旧来の制度はすでに崩壊している。君たち若者が信用できるのは国でも会社でもなく、自分の力だけだ。教授はそんな本質的な言葉を口にしたのだ。それが中田に刺さった。この言葉を受け止めて、将来について漠然と考えているうちに、自分が好きなお笑いを仕事にする決心がついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る