日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

クリーン打ち出し オリラジ中田の視線の先に“政治の道”?

 12日、オリエンタルラジオの中田敦彦(33)が絵本「『パパ』はどうしてパパなの?」発売記念トークショーに、著者の鈴木英敬三重県知事(41)と出席。イクメンとして知られる中田は「毎晩妻と会話する」「今の時代は子どもの写真とか動画を共有しやすいので、それで成長を実感する」など親バカぶりをアピールした。

 中田には「イクメンキャラ」以外にもうひとつの“顔”が。それはコメンテーター。レギュラー出演中の「白熱ライブ ビビット」(TBS系)などで歯に衣着せぬ物言いをすることから定着したキャラだが、不倫騒動を起こしたベッキーに対し、「あざとく感じる」「不誠実で、ずる賢い」と辛口コメントを出して“炎上”。本人も気にしているのか、「僕も朝の番組で人の不倫とかガンガン言うと、『いつかおまえがした時見てろ』みたいな書き込みがすごくて」と話した。

 武勇伝でブレーク後、慶大卒のインテリキャラで人気を博し、最近では「パーフェクトヒューマン」でアーティストとしても売れっ子の中田。これに続く“第4の矢”として、ひそかにたくらんでいるのが政治の道、ともいわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事