過去のインスタ削除…剛力彩芽を謝罪に追い込んだ同調圧力

公開日:

「ご心配をおかけしてしまい申し訳ありません」とタレント剛力彩芽(25)はつづり、「今までの投稿はすべて削除します」と続けた。謝罪の理由はインスタグラムへの投稿。交際中の恋人で、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の運営会社社長、前澤友作氏(42)とサッカーW杯ロシア大会決勝を観戦した際に撮影したと見られる画像を投稿したところ、ネットでバッシングされ、芸能界からも批判を浴びたからだ。

「浮かれている」「自慢好き」「一般人じゃ味わえない世界観のおすそ分け」などなど。フジテレビ系朝の情報番組「とくダネ!」の小倉智昭キャスターが「なんでこれを大っぴらにしたいんだろう?」と疑問を投げかければ、ナインティナインの岡村隆史も「ファンのことをまず第一に考えた方がいい」とラジオで苦言を呈し、剛力ファンを公言してきた明石家さんままで「呪いにかかったように浮ついて、本当の愛をいま見つけられない。写真をネットにあげるのもどうかなあと思うよ」とコメント。これがバッシングの火に油を注いだような格好となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る